宮城の温泉、たかもりの湯

天然温泉 たかもりの湯(栗原市) 東北な温泉» 宮城の温泉・県北»


〒987-2246 宮城県栗原市築館字上高森下24-1 TEL.0228-24-7161

入浴 10:00〜21:00 700円
定休日:毎月第1月曜日
入浴、休憩所、食事
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンあり
全自動トイレ


※2016.09 open
ちなみに食券の上の段はラーメンではなくて、うどんだったと‥

 築館のちょっと奥地に、いつの間にかできていた日帰り温泉(築館唯一の温泉)、「天然温泉 たかもりの湯」にやって参りました。‥どうやら、このすぐ奥にある築館クリーンセンターという会社が造ったらしく、(サラリーマンには高嶺の花の)住友林業の設計・施工とな〜。その黒っぽい建物に入ると、中はちょっとシャレた造りで、小上がり座敷のある空間は、ラウンジ風といった感じでありましょうか。またBGMも、インストゥルメンタルなんでございましょ。
2016.12
 さて、券売機システムにて受付を済ませ浴場へ向かおうとしますと、中のロッカーが100円必要とのことで、100円用意するようにと‥。まあ、チャリンと戻りますから言われた通りに。

 脱衣して浴室に入りますれば、中にあるカギ型のお風呂が案外大きく、その浴槽にとうとうとお湯が注がれ、シャワシャワとはじっこの穴に流れ落ちて行きまするよ。外のノボリが「源泉かけ流し」とハタめいており、また分析表示などから、掛け流しには間違いなしのことよ。

 お湯に浸かってみますと、それはかすかに褐色を呈しており(タイルの色に惑わされグリーンだとMG氏が言うけれど)、クレゾール系のアブラ臭が少々あり、肌をこすると弱アルカリ性のちょっとツルッとする感触になっておりまするね。まあ、だいたい東鳴子に似たお湯なんじゃないかなーと分析す。言わずもがな、いい湯です。ふと気が付いたら、注ぎ口の水流が(意図してか)左右に揺らぐようになっていて、それが湯船のお湯を波立たせ、淀みのない良い感じのお風呂になっておりましたのよ。

 と、同浴していたおじいちゃんが話しかけてきまして、「(ひと風呂浴びて)700円は高い。せいぜい500円だ!」と、二人で盛り上がってしまいましてね〜。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:不忘の湯 46.5℃ pH8.1 ナトリウム 1546, カルシウム 塩素 2505, 硫酸 105, 炭酸水素 133, メタケイ酸 149 (分析:平成27年)※加水・循環なしの掛け流し、冬のみ加温あり、消毒あり

宿泊は、栗原市ホテル旅館一覧

©東北な温泉 2016