山形の温泉、あべ旅館

あべ旅館 (赤倉温泉) Home» 山形の温泉»


〒999-6105 山形県最上郡最上町大字富沢886 TEL.0233-45-2001

入浴 10:00〜16:00 500円
入浴、宿泊
無休
男女別(内湯2、露天1)サウナ
シャンプー、セッケンあり


※2013.06 休業中

 国道47号線、鳴子温泉を過ぎ県境の峠を越え、しばらく下ったところの赤倉温泉へ。今日はその中から「あべ旅館」に突撃することに致しました。あべ旅館は道路を挟んで、川側に東館、山側に南館の2つに分かれてあり、新しい方の山側・南館が受付になっております。
 ‥宿に着き、駐車場を探すと、旅館前の駐車場は既に満車。他に駐車場が無いかとひと回りしようとするも、その先はとっても狭い道で、前進を断念。結局、戻って温泉街の入り口にある「あべ旅館第二駐車場」に止めることに‥。
2003.03
 お目当ての岩風呂は東館(川側)の地下にあり、受付のある南館の地下(及び3F)からは、連絡通路で行くことになります。

 ワクワクしながら浴場へ入場。そこには大きな岩風呂があり、何故か知らねど、白い女の人が裸で立っているではありませぬか(あっ、ただの白い彫刻)。また、右奥に別の浴室が続いており、ジャグジー等の湯船もありまする。

 岩風呂に浸かってみると、お湯は無色透明で微かに温泉の匂いがし、湯船の底はまさに川底そのもの、その数箇所から源泉がプクプクと湧き出しているのです。それから川底以外にも壁や岩などからもお湯が投入され、大きな湯船でもよどみがないように、お湯を対流させているようですね。

 (誰もがやるように)底のお湯の噴き出し口に足を突っ込んでみると‥、そこは一段深くなっていて、バランスを失うと同時にズッコケ、穴から湧き上がってきた熱湯に襲われてしまいます。もちろん、俊敏な私は事なきを得ましたが、きっと今までに何人かはドボン・アチチとなったことでしょう。

 湯上り後、喉が渇き、廊下にあった飲泉所で水を飲もうとしたら、これが温泉のお湯で、熱くて飲めましぇんでございました。

泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:阿部1号源泉 58.9℃ pH8.3 ナトリウム 133, カルシウム 139, 硫酸 559


東館B2F:写真上2つ岩風呂、下段はジャグジーとプール


南館3F:内湯と露天
 ‥喉が渇いたまま、無茶して南館にも突進。

 そこにはヒノキ風呂があり、内湯と露天風呂ともに同じような形をしていて、きれいな水面がまるで鏡のように見えるのです。岩風呂も良いですが、こちらの木造りの湯船もなかなかですねー。湯上り後の肌は、スベスベ感ありです。

 そうそう、ここのお休み処には、卓球台もありましたよ。
宿泊は、新庄・最上町ホテル一覧

©東北な温泉 2003-14