宮城の温泉、越後屋旅館

越後屋旅館(川渡温泉) 東北な温泉» 鳴子温泉»


〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉川渡24-9 TEL.0229-84-7005

入浴 10:00〜17:00 400円
入浴、旅館、湯治 / 無休
男女別(内湯1、露天1)
日替わりで男女入れ替え、たぶん宿泊者用家族風呂

シャンプー、セッケンあり

 川渡温泉の中心部の角、藤島旅館の向い側に建つ結構立派な旅館、(そちも悪よノ〜の)越後屋にやって来ました。少し川沿い方向に戻った所にある駐車場から、歩いて参りますと、ちょっと引っ込んだ玄関が特徴的な建物です。
 わりと賑やかなしつらえの売店&フロントにて受付をしておりますと、浴衣を着たご婦人方などが通ったりしまして、ありゃ、湯治のお客さんも多いんだなーと‥。
2002.12
 さて、浴場へ。ここでは2つの源泉を使用しており、一つは共同浴場と同じ湯で、もう1つは自前の源泉のようです。お風呂は日替わりで男女交代、はたして今日はどちらですかね。‥すると、男性用お風呂には独自源泉が。

 お風呂は、露天風呂と内湯があり、その内湯はドバドバとお湯が豊富に注ぎ、惜しげもなく掛け流されていました。こんな贅沢なお風呂に私一人だけが浸かってよいのだろうかと思えるほど、贅沢な湯量なんです。オーバーフロー部分が、フチの切り込みになっているので、画像では分かりづらいですが、本当にドバドバなんですのよ。

 お湯は、少し緑色がかった白濁の温泉で、硫黄臭がし、肌をこするとスベスベします。アルカリ性のせいか、ちょっと柔らかい雰囲気のある、硫黄泉にしてはやさしいお湯だと思いますね。あ、露天風呂の方ですか?。こちらは一瞬たじろぐ、1人用といった趣きの、冬の外気のせいでちょっとぬるめなお風呂でありました。

 いやでも、この値段でこんな良い温泉に入れるなんて、川渡温泉も素晴らしいですね。

泉質:単純硫黄泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:不動の湯 42.1℃ pH8.1 28.1L/M ナトリウム 172, 硫化水素 0.7, チオ硫酸 7.9, 硫酸 108, 炭酸水素 402, メタケイ酸 128 (分析:平成12年)※もう一つ・女湯は、源泉:川渡支所前源泉 54.0℃ pH7.2

内湯、露天風呂の順
宿泊は、川渡温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2002-14