宮城の温泉、ホテル華夕美

ホテル華夕美(女川温泉) Home» 宮城の温泉»
〒986-2231 宮城県牡鹿郡女川町浦宿浜字天王130 TEL.0225-53-4188
入浴 11:00〜15:00 500円
入浴、宿泊、レストラン
無休
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー、セッケンあり

 牡鹿半島の付け根、万石浦(ラグーン)に面し、とても眺めの良い景色とともに建つ「ホテル華夕美」にやってきました。いや、太平洋側で海の見える温泉なんて、なかなか無いもので、とても貴重な存在なんですよね。
 館内に入ると、ロビーの奥に見晴らしの良いレストランがあり、なかなか良い雰囲気。が、おじゃました午後2時頃には閉まっていて残念。おしいなー、こんな良いロケーションなのに‥。メニュー次第では食べてみたいんですけど。
 この日来てみたら、なんだか(バイクの)Z会が開かれていたようで、バイクのお兄さん達がワンサカいらっしゃるのでございます。‥人相やら格好やらも想像の通りなので、少し後ずさりしてしまいました。
2002.09
 民営には珍しい’宿帳記入あり’の受付を済ませ、浴場へ。どうやら玄関から入ったフロントは4Fだったようで、男湯は階段を上がった5F、女湯は3Fにあるようですね。

 浴室へ入って、しばしオドロキ。そこには窓の外に万石浦の絶景が広がる、なんとも言えないまぶしい光景が‥。おー、なるほど、こういうことなんですね。お風呂は、大きな内湯と木の香りのする露天風呂があり、入浴後に露天にて海を眺め裸ですずむと、(行ったことのない)ハバナにでも居るような気分に‥。

 お湯の方は、あまり温泉を感じることは出来ませんでしたが、まあ最初から期待していなかったので、がっかりはしていません。こんなもんでしょう。(‥この時はまだ、温泉の運用をしていなかったのかも)。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 高張性アルカリ性低温泉 源泉:女川温泉 pH8.8 27.8℃ (少し塩素臭あり)
※女川駅前の女川温泉を買って運んでいるようです。


宿泊は、石巻ホテル一覧

©東北な温泉 2002-14