仙台の温泉、岩沼屋

岩沼屋 (秋保温泉) Home» 仙台の温泉»


〒982-0241 仙台市太白区秋保町湯元薬師107 TEL.022-398-2011

入浴 11:00〜16:00 1,150円
入浴、宿泊
不定休
男女別(内湯2、露天1)
家族風呂4、サウナ
シャンプー・セッケンあり、タオル付き

 秋保温泉の中心部にドカーンと建っている(ように見える)、秋保温泉の中でも豪華で大きな旅館、「岩沼屋」にやって来ました。
 温泉街の道は狭くて「何とか、ならんもんか」といつも思っているのですが、このホテルの門を入り奥に進むと、だだっ広い駐車場が現れ、かなり驚き‥。駐車場の奥には従業員宿舎もあり、やはり大きなホテルなんだなーと思うと同時に、そこで働く人々の暮らしが、ほんの少し感じられるような気がしてくるのでございました。
2002.09
 ロビーに入ると、「デカーイ、豪華〜、誰もいなーい!」と感じ、「えっ何しに来たの?」みたいなオジサンがトボトボとフロントへ。料金を払うと(要らないのですが)タオルを下さるので遠慮なく貰い、案内された方向にある浴場(1F)へと向ったのです。

 浴場には、開始時間の11時ジャストに行ったもので誰もいなく、貸切状態に‥(最初の20分くらいですけど)。浴室にはパンフレットで見た通りの豪奢な光景が広がり、左にサウナと洗い場、右に岩風呂があり、その岩風呂は水風呂〜熱い湯まで順番に続いているのです。とりあえず、片っ端から浸かってみると、お湯は無色透明で匂いも無い、さっぱりしたもの。肌をこすると、ちょっとスベスベ感ありですね。

 お湯はふんだんに注がれていましたが、入っている途中、浴場内が一瞬にして静かになり、注がれているお湯が止まってしまったのです。と、先ほどまで大量に注いでいた注ぎ口から、こんどはチョロチョロと熱いお湯が流れているのを発見。ふーん、これが源泉なのかなーと‥。

 露天風呂は、奥のドアの先のチョット歩いたところに、庭園の中にしつらえてありました。日が当たっていたので日光浴でもしようとすると、遠くにあるホテルの窓が少しだけなんですが見えており、ちょっと辺りを気にしつつ、コソコソしながらの入浴に‥。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 低張性中性高温泉 源泉:秋保温泉1号泉・新3号泉混合泉 56.2℃ pH6.9

宿泊は、秋保温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2002-14