宮城の温泉、ホテルいづみや

ホテルいづみや (小原温泉) 東北な温泉» 宮城の温泉»
〒989-0233 宮城県白石市小原湯元9 TEL.0224-29-2221
入浴 12:00〜21:00 500円
入浴、宿泊
無休
男女別(内湯1、露天1)、貸切風呂、宿泊者用
シャンプー、セッケンあり

 温泉街とは言えないくらいに少ない旅館がチラホラ点在する小原温泉、その中心をなす施設の一つ、「ホテルいづみや」にやって来ました。
 そこは、白石から七ヶ宿に向う国道(R113)を行くと、脇道を少し川側に下った所にあり、国道からは見えず、時折チラホラとある小原温泉の看板から、この近辺に温泉があるんだなーと分かるぐらいなのです。
2002.11
 受付を済ませ、奥の浴場へ。廊下を歩いていると、どこかのおばさんが、窓の外から緑の葉っぱを投げ入れるではありませんか。よ〜く見るとそれはカマキリ‥。うっ!。ジロッとおばさんをにらむと、「うちのおとうさんが、寒くてかわいそうだから中に入れろと言うんだものぉ」と私に訴えるのです。やはりこれは、自然そのままの方が良いと思い、少し叱っておきました。(‥後で考えると、どういう人物なのか背景も知らないのに叱ってしまって、ちょっと後悔も)。

 さて、内湯は丸い浴槽が2つ繋がったような形で、真ん中には噴水方式の水飲み場のように、熱いお湯が噴き出す仕組みが設けられ、湯量豊富に注がれ、いい具合いに掛け流されています。お湯は無色透明で、肌触りがかなりツルツルする、すこぶる気持ちの良いお湯なんです。湯上り後、体からわずかに温泉の匂いがし、お湯につけたメガネに白い結晶がかなり付いていました。これはカルシウムが多いということなんでしょうね。

 露天風呂は内湯よりツルツル度が少ない感じ。注がれている湯量が少ないし、(今日の)雨が入ったりで、お湯の性質も少し変わっているのでしょう。庭園の向こうに白石川を眺められる露天風呂は、なかなか良い造り、見えるのか見えないのか女湯の方をじっと見つめるオジサン一人‥。

泉質:単純温泉 低張性アリカリ性高温泉 源泉:さいかちの湯 64.1℃ pH8.5 地下50m 540L/M ※部屋付きお風呂も温泉の模様


宿泊は、小原温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2002-14