宮城の温泉、仙庄館

仙庄館(中山平温泉) Home» 鳴子温泉»
〒989-6832 宮城県大崎市鳴子温泉星沼28-2 TEL.0229-87-1234
入浴 10:00〜20:00 840円
入浴、休憩(有料)、旅館
無休
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー、セッケンあり

 中山平温泉の奥の方に入って行くと、行き止まりのような所にある、仙庄館にやって来ました。「ありゃ、ここが終点か」と思える道の構造なんですが、ちゃんとこの奥にも道がつながっているのです。中山平温泉と言えば「うなぎ湯」が有名ですが、正統な硫黄泉にも恋しくなり、この温泉に突撃してみることにしました。
 湯めぐり手形だと600円分で入れるので、2人で1セット(1200円分)を買って入ろうとしたのですが、「それはダメです」と番頭さんに断られ、ちょっと憤慨しながら現金800円×2人をお支払いして、入らせていただきました。‥いや、そういう決まりなんでしょう。気を鎮める魔法のおまじないが欲しい。
2002.12
 館内には内湯と露天風呂の2つの浴場があり、別々の場所になっていたので、とりあえず露天風呂の方に突進してみました。

 露天風呂のお風呂を見てビックリ、コリャ凄い。目の前の大浴槽に乳白色の熱いお湯がドドドドーッと滝のように注がれているのです。お湯は硫黄臭のする、スベスベする肌触りの、気持ちの良いお湯です。寒い冬の露天風呂、豪快な湯量の硫黄泉は、写真や言葉ではとても言い表せない程、心と体をあたためるのです。お風呂の下には川が流れ、上流が滝になっていて、その雪景色もまた人々を唸らせるのですよね。

 湯上り後、奥のフロアで休んでいると、露天風呂に入った筈のマネージャーが内湯から出てくるのです。尋ねると、また露天風呂に行くのだとか‥。なぬ、露天風呂に入った後、内湯に入り、また露天風呂に行くというのか?、な、なんじゃそのテンションは‥。

 次に内湯に向かってみると、そこは小高い中空にある感じで、窓の下方に川の流れが望め、こちらも意外と悪くない景色になっています。内湯の湯船は鍵型で、とても大きく、ここでも出たり入ったりして、湯船の縁でうたちゃん(歌津町のアザラシ)になったりして遊んでおりました。‥しかも一人きり、自然に歌なんかも浮かんできて‥「どうしてボク〜は、こーこにいるのだろう〜♪」。

泉質:単純硫黄泉 低張性アルカリ性高温泉 源泉:黒森の湯 99.9℃ pH8.3 、 新滝の湯 99.9℃ pH8.9 、 新仙庄の湯 98.9℃ pH9.4 、 新吹の湯 99.2℃ pH8.7


宿泊は、中山平温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2002-13