宮城の温泉、すぱ鬼首の湯

すぱ鬼首の湯(鬼首温泉) Home» 鳴子温泉»
〒989-6941 宮城県大崎市鳴子温泉鬼首本宮原23-38 TEL.0229-86-2493
入浴 10:00〜20:00(平日18:00まで) 520円
入浴、レストラン&売店が隣接
冬期閉鎖
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー、セッケンあり

 鳴子ダム(荒雄湖)のシッポ付近で国道108号線から分かれ、吹上温泉の方へ上って行きますと、山間の開けた平地と共にある、「すぱ鬼首の湯」にやって来ました。
 駐車場から奥へ進むとレストランの建物。ここがなんか受付っぽい空気を醸し出しておりますが、中に入ってみても温泉の「お」の字もないのです。「ありゃ」っと思って外に出て辺りを見渡すと、その先の建物に「すぱ鬼首の湯」と書かれた三角屋根があり、そこが温泉入口になっているのでした。
2002.05
 中に入るとキャンプ場事務所を兼ねた受付があり、そこで料金を払って奥へ。何かここは日帰り温泉や旅館などの雰囲気とは違い、役場的で公共施設的、そんな感覚を覚えるのです。

 受付前の小さな待合室からキャンプ場の方を眺めると、キャンプをしている人たちのテントと車が遠くに見え、また事務所の奥には、キャンプのお客さん用のコインランドリーや売店もあるんですよね。

 (やっと本題の)浴場に参りますと、脱衣所も浴室も広い造りで(まだ)どこもかしこもキレイです。今日の男湯は「タイルの湯」と「レンガの湯」で、タイミングは分かりませんが男女で入れ替わるようですね。‥女湯は「木の湯」と「岩の湯」だそうで。

 誰もいない大きな内湯へドボン。お湯はツルツルした肌触りで、無色透明で匂い無しの、勿論かけ流しの温泉です。うん、マンザラ悪くはありませぬ。外へ出てみると、こちらも大きなお風呂でU字型。雨が水面に跳ねているのが見えますが、先客が入浴しているのを見て、自分も負けじと根性で入浴。‥男は変な所で頑張る人種なんですのよ。‥しかめっ面までして入浴しなくても良いのにねー。

泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:白土源泉・通産省源泉・本宮原1号源泉混合泉 100.0℃ pH8.3


宿泊は、鬼首ホテル一覧

©東北な温泉 2002-14