早稲谷温泉

早稲谷温泉(気仙沼) 東北な温泉» 閉鎖の温泉»
〒988-0865 宮城県気仙沼市字早稲谷212 TEL.0226-55-2723
入浴 9:00〜19:00 350円
入浴、休憩(〜16:00、1200円)
無休
男女別(内湯1)
シャンプーなし、セッケンあり


※2009年、閉鎖となった模様

 気仙沼の西、国道284号線から北方へ折れて県道209号をとにかく進んだら、知る人ぞ知る「早稲谷温泉」にたどり着きました。ふと見ると、建物の奥の煙突から煙が上っており、営業中だと分かります。
 畑の脇に車を止めて施設の方に行こうとすると、畑に居たお婆ちゃんが(たぶん)「誰も居ないから、入っていいよ」と言ってくれているようでした。おそらく、よそ者が聞いたら「%$rg’〜」ぐらいにしか聞こえなく、これはこの地域の人間でないと、分からない方言&ニュアンスなのかも。
2002.06
 スタスタと館内へ。はい、予想通り中には誰もおらず、遠慮なく勝手に突撃。と、まあ一本道のようなもので、自然に浴場へと。

 ん?、その男女別の脱衣所は、いちおう棚を置いて仕切り代わりにしてはあるものの、棚以外の脇の空間には壁が全く無く、素通しになっているのです。棚の脇はスカスカで見え見え。一瞬、唖然として立ちすくみましたが、誰も居ないもので、しばらくするとそんなことはどうでもよくなり、平然と次の作業に取り掛かりました。

 さて、その棚には先客の脱いだ服があり、浴室に入ってみるとお爺ちゃんが1人、入浴中です。浴室にはヒノキの湯船が1つと、洗い場が2つ、なんとシャワーも付いているんですのよ。

 お湯は鉄分が多いらしく、かなり茶色に濁っていて、泥水に近いような強力なお湯ですが、不思議なことに匂いは殆どありません。ぬるくなったら蛇口をひねってお湯を足し、上がる時は蓋をして出るシステム。当然ながら、湯上り後に体を拭いたとたん、タオルが茶色に‥。

 この温泉は、この辺ではとても貴重な存在。でも、いちおう言っておきますが、都会に住んでいる一般人には、ちょっと強烈過ぎる山の鉱泉じゃないかなーと‥。

泉質:冷鉱泉 低張性中性冷鉱泉 源泉:記載なし 18.5℃ pH7.0 自然湧出1.5L/M (分析:昭和62年)

宿泊は、気仙沼ホテル一覧

©東北な温泉 2002-15