宮城の温泉、沼倉旅館

沼倉旅館(川渡温泉) Home» 鳴子温泉»
〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉川渡38-1 TEL.0229-84-7253
入浴 10:00〜20:00 500円
入浴、休憩、宿泊
無休
混浴内湯1、家族風呂1、宿泊者専用・露天1
シャンプーなし、セッケンあり


※2010.01 「湯あみの宿・ぬまくら」と改名、料金変更。内容も変わっているかも知れません。

 川渡温泉のメイン通り沿い(でもさびれた所)にある小さな温泉旅館、沼倉旅館にやって来ました。玄関を入ると、小さな子供達がボール遊びをしているところで、私が来たのを見て(しつけられているのか)「お帰りなさい」と出迎えてくれるのです。私がまごつきながら「た、ただいま〜」と応えると、満足した顔でニコッとしていました。
 ここは広間付きでも安かったので、どうしようかと迷ったのですが、ご主人に尋ねられた時に思わず「入浴だけで‥」と答えてしまいました。
2004.02
 浴室は、大浴場が混浴になっているので、女性は貸切風呂(or家族風呂)の方に入ることになるのでしょう。

 意味も無く、ごく普通に混浴の大浴場に向かってみますと、ちょうど家族3世代(男女)の皆さんが、にぎやかに入浴中でありました。私が入って行くと、皆さんがさっさと上がってしまわれたので、一人でゆっくり入浴させて貰うことに。えーと、私は家族と入る習慣も経験も無いもので、世の中、色んな家族があるもんだなーと、感慨にひたりながら入浴。しかも、親子といえどもカップル同士でなんて考えられませぬ。

 お湯は、エメラルドグリーンで且つ白濁したような感じの色で、川渡温泉特有の甘い香りと硫黄が混ざったような匂いが漂い、肌触りがツルツルする感触の、強力な温泉なのです。また言わずもがなの、掛け流しのお風呂です。あと、端の方に同じ色のぬるい小さな浴槽があり、こちらはかけ湯なのでしょうか。

 久しぶりに川渡温泉のお湯に浸かってみたところ、うーん、やはりすごいですね、ここのお湯は。まるで薬に浸かっているかのような、濃い温泉です。恐るべし川渡温泉。

泉質:含硫黄・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(硫化水素型) 低張性中高温泉 源泉:沼倉の湯 55.8℃ pH6.7 (熱交換システムで冷ます) ナトリウム 207, 硫化水素 8.1, 硫酸 160, 炭酸水素 500, メタケイ酸 192, 遊離硫化水素 18.4 浴後:手がカサカサ(冬のせいか、硫黄成分が多いせいか?)


露天風呂、家族風呂、混浴大浴場の順
宿泊は、川渡温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2004-14