宮城の温泉、あすか旅館

あすか旅館(中山平温泉) 東北な温泉» 鳴子温泉»


〒989-6832 宮城県大崎市鳴子温泉星沼68-1 TEL.0229-87-2131

入浴 600円 10:00〜16:00
入浴、休憩(別途料金)、宿泊
無休
男女別(内湯1)、混浴露天風呂1(冬季閉鎖)
シャンプー、セッケンあり

 中山平温泉の最奥部、飲める温泉がある「あすか旅館」にやって参りました。あすか旅館という名前に、若い夫婦が経営しているものと何となく思い込んでしまい、受付でおじいさんが出て来た時には、(勝手ながら)奇襲にあった気分に‥。
 そういえば、ここへ来る途中、琢ひで(旅館)の男性露天風呂の前を通り、外からはどんな風に見えるんだろうと目をやると、体格の良い男性が仁王立ちになっている姿が(見てもしょうがないけど)ハッキリと見えたのです。‥気をつけましょうということで。
2005.02
 浴室には大小2つの湯船があり、無色透明で熱い湯が少しと、ちょうど良い温度の湯が大量に注がれていました。キレイなお湯は飲める温泉と聞いていたせいか、とてもおいしそうに見え、湯船のお湯でさえゴクンゴクンと飲んでみたい気にさせるのです。木製の湯船は、クギ代わりに銅のピンが打たれているようでありました。

 お湯に浸かってみると、ツルンツルンする肌ざわりの気持ちの良いお湯ですが、分析表のpH通りではないような気がします。大量に注がれている適温のお湯は、加水でもしているのでしょうか。

 (露天風呂もあった筈だなーと思い)一緒に入っていたオジサンに、「露天風呂はどこでしょうか?」と尋ねてみると、「え、あるの〜?」と逆に訊き返されてしまいました。湯上り後、受付のおじいさんに尋ねると、「冬はやってないの〜!」と意味深な笑いを浮かべているのです。帰りに表へ出て、露天風呂の方に回ってみると、背丈ほどの雪で埋まり、行くことも見ることも出来なくなっていました。‥なるほど、言わずもがなですね。

 そんな風に雪山を眺めてボケーッとしていると、常連さんとおぼしきオジサンが(何故か)やって来まして、「うん露天?、あるけど夏でも入る人はあんまりいねぇ〜」と教えて下さいました。混浴だし、一旦外に出なければならないので人気が無いのかも‥。

p.s.
 イチオシの飲める温泉にチャレンジしようと、受付脇の飲泉所で手ですくって飲もうとしたら、熱くて手ですくえないのです。(衛生的に)仕方なく、備え付けのコップで飲んでみると、まあまあ、うまい感じがします。それと、アトピーに効くと書かれた新聞の切抜きが置いてありました。あっそうだ、容器を持ってくれば、お湯の持ち帰りもできるようですよ。

泉質:単純温泉 低張性アルカリ性高温泉 源泉:あすかの湯 74.6℃ pH8.9 メタケイ酸 148 (飲泉あり)

宿泊は、中山平温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2005-14