宮城の温泉、大沼旅館

旅館大沼(東鳴子温泉) 東北な温泉» 鳴子温泉»


〒989-6811 宮城県大崎市鳴子温泉赤湯34 TEL.0229-83-3052

入浴 500円 11:00〜14:00
入浴、宿泊、湯治
無休
女性内湯1、混浴内湯1、貸切風呂3
ふかし湯1、貸切露天風呂2(宿泊者のみ)
シャンプー、セッケンあり

 真冬の晴れた日、離れの露天風呂が有名な湯治宿、東鳴子の「大沼旅館」にやって来ました。はい、大雪が降った後だったもので、街中が真っ白だったのですよね。
 駐車場を探して旅館の周りを一周してみると、普段は通らない裏通りにも東鳴子の湯治場が建ち並び、風情ある町並みになっているのに気づきました。結局、一周しても駐車場は見つからず、旅館脇にちょっとしたスペースを見つけ、そこへ。本来は、鳴子御殿湯駅前の町営駐車場に止めるようですよ。
2005.02
 受付を済ませ浴場へ。まず1階の混浴大浴場に入ってみると、モウモウとした湯煙の中に大きな湯船があり、壁には天女の絵、入口横には石像の大仏様、手前のついたてのようなものには目玉の絵が描かれているという、とても神秘的な浴室なのであります。

 はは〜と敬服しつつ、お湯に浸かってみると、それはかなりツルツルする肌触りで、ビニールのような薬のようなアブラ臭があり、少しぬるめですが、とっても気持ちの良い温泉です。湯船の中間の底に10cmくらいの穴があり、そこから熱めのお湯が噴き出し、時々、黒い湯ノ花も泳いできます。もちろん掛け流しですね。

 この大浴場にひとり悠々と浸かった後、上がるべく隅で体を拭いていると、反対側入口が突然ガラッと開いたのでビックリ。煙っていてよく見えなかったので、いったい誰が来たんだろうと、思いっきり、まじまじと首を突き出すように見てしまいまして‥。あ゛〜、お婆ちゃんが‥。混浴だったことをすっかり忘れておりました。

 次、ちょっくら4階の貸切り風呂へ。入り組んだ館内を迷子になりつつ、途中で出会った中居さんに聞いたりしながら向かってみると、そこには「陰の湯(薬石)」と「陽の湯(備長炭)」という小さな貸切り風呂が設けられておりました。そのうちの備長炭の湯の方に入ってみると、大浴場と同系のお湯で、灰色の湯ノ花が大量に舞うお風呂でございます。一息して窓から外をのぞいてみると、東鳴子温泉街が広がる町並みが見え、何だか平穏な気持ちになりました。

 その他に、宿泊客しか入れない離れの露天風呂、家族風呂、ふかし風呂などがあるようですよ。

@泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:新井第2号泉・動力揚湯源泉・新井第5号泉・唐竹沢源泉 混合泉 74.6℃ pH8.0 ナトリウム 454, 塩素 175, 硫酸 714, メタケイ酸 198
A泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉 源泉:大沼の湯1号・2号・3号混合泉 65.2℃ pH6.9 ナトリウム 224, 炭酸水素 561, メタケイ酸 232 (分析:平成20年)


混浴大浴場、露天風呂、貸切り風呂2つの順
宿泊は、東鳴子温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2005-14