掲示板 >  ログ一覧019  > 個別ログ


3341/ 野地温泉
・投稿者/ ウォンビン
・投稿日/ 2007/03/02(Fri) 14:40:33

ウォンビンです!

今回は福島は野地温泉ホテルへ宿泊して来ました。
相模屋旅館とここは日帰りでちょくちょく来ていたのですが、今回は混む事など全く気にせず思う存分の宿泊であります。

ここはお風呂がたくさんあります。で、ウォンビンの勝手な偏見と固定観念とから、こんなにお風呂がたくさんあるのは好きではありませんでした。数うちゃ当たるみたいな硬派でない感じがするのであります。

ところが、それはウォンビンのやはり偏見でありました。(反省)

天狗の湯、鬼面の湯、千寿の湯と(大浴場は普通?)水沢山荘を彷彿とする油臭の大好き石油系であります。こんなに何箇所もあるのはそれだけお湯が豊富なんですね!

鬼面の湯は以前訪問の時、多少温く感じたため今回は天狗、千寿を何度も攻めます!
天狗の湯は栗山のような横長い木の浴槽(内湯)に8角形の湯船を足した(露天)面白い作りで外へとつながっています。

日帰りでも入湯した千寿の湯は四角い湯船が3つあり湯口から45、43,41?℃とお湯が若干違っています。何でも自動感知システム採用で、温くなると一定の温度になる仕組みのようです。

いつものように湯口でポタポタ落ちる音を聞きながら、硫黄のワインをほおばります。最高です!たまりません!!

今回新しく発掘された(去年の冬)野地温泉1号が引かれていましたが、以前のと変わりないように思います。と言うか分かりません。私には・・・。

まあ、料理や部屋はスキーホテルと言っても過言でありませんが、お風呂はさすがにこの近辺、相模屋さんと二分するだけの事はあります。
お風呂も3時間おきに男女入れ替わりできちんと考えられています。がしかし、24時間入れると言う事は掃除は無いの?しないの?不潔なの?ときちゃいますね。が、そんなの気になりません。源泉掛け流し(加水あり)の溢れるお湯ですから。清潔好きのウォンビンでも許します。

湯口には手で持って帰れるほどの湯花がたくさん溜まっています。何度も何度も手で引っかいては遊びます。お風呂はうまく貸し切り状態で入浴する事ができ、また、朝のロビーホール前にはこんなに人がいたのか?と思うほどの人、人、人でした。同時に日帰り客もちょろちょろと来ます。

そうそう女性専用露天風呂ももちろん硫黄臭プンプンで熱く最高だったとマネージャーは申していました。(男性は入れ替えなし)その他大浴場も硫黄が張っています。恐れい入りました。

帰りに赤湯温泉冬季閉鎖と言う事で、鷲倉温泉へ行きましたがこちらも冬季閉鎖でありました。(行くまでの道路は除雪されていました)

でもってこの後、まだ未消化のため、なかなか皆さんが突撃されない温泉に突入してしまうのであります。  

                              つづく








■-3342/ re: 野地温泉 / ぞう

ぐっど、もーにんぐ。

野地温泉も良い温泉のようですね。人気的には高湯温泉の玉子湯ぐらいでしょうか。そんなにお風呂があるんでしたら、泊まった方がいいんでしょうね。もう一本掘ったなんて、いったい、何処まで行く気なんでしょう。
2007/03/03(Sat) 08:05:02