掲示板 >  ログ一覧022  > 個別ログ


3793/ 新菊島温泉(福島県鏡石町)
・投稿者/ 紅い彗星☆にゃ~
・投稿日/ 2009/05/02(Sat) 20:29:58

ゴールデンウィーク真っ盛りですねー。

さて、昨日はまたも福島郡山方面の温泉に行きました。
「新菊島温泉」に行くべし、との情報がありましたので
さっそく行って参りました。
¥300円の入浴料を払い奥に進むとでっかい天狗様のお面が
迎えてくれます。縦横1mくらいはあったと思います。
浴室に入るとすごく小さな内湯がありパイプ湯口から源泉が
ドバドバと溢れ注がれているのであります。
この小さな内湯から奥に続く戸のない扉を抜けるとそこには
男女混浴の大きな内湯がありました。女性にはキツイですね。
驚くのは浴槽の底がとてもヌルヌルし転ばないように気を付けても
本当にコケそうなくらいなのであります。
男湯側の方が浅く女湯側に行くにつれて深くなる浴槽です。
さて、お湯は無色透明無臭ですが、浴槽底部のタイルの着色で
薄黄色のお湯に見えます。温泉成分がタイルにイオン結合したため
と推測されます。なお、湯温はぬるめで38度くらいでした。
ゆっくり肩まで浸かり温泉を観察します。すると、体中にいつの
間にか非常に細かい気泡が纏わり着いているのであります。
なぜか女湯側の方では上記の細かな気泡の付着は少ないのです。
ところで、入浴し少しすると、底がヌルヌルなのに肌触りは
さほどでもなく、アルカリ性の感じがあまりしません。
「吟じます、なんだか不思議な気がするぅ~」といった感じ。
ヌルヌルは弱アルカリ性の成分沈着と気泡の仕業と推測します。
よって、浴槽のお湯抜き清掃後はさほどでもないのではと感じます。
それから、ぬる湯なのに気泡成分のせいかとても血行が良くなり
とっても汗をかくスゴイお湯でありました。
夏におすすめの温泉ですし、冷え性の方にもおすすめであります。
浴槽内にお湯の吸入口がありましたので循環、ろ過有りと見受けましたが、
加温と消毒は感知できませんでした。

追伸 近くのマルナカ温泉に入るのを楽しみにしておりましたが、
たまたまラジオの放送で営業中止したとの情報があり残念に思って
おりました。今回、ついでなので寄ってみましたらナント!
新しい施設を建て直し中のようでありました!楽しみです!

では、みなさま楽しいゴールデンウィークをお過ごしください!





■-3794/ re: 新菊島温泉(福島県鏡石町) / ぞう

楽しそうな温泉がたくさんありますねー。福島、あまり行ってなくてどもすみません。GW、ほどほどに、ゆるりと楽しんでくださいまし。
2009/05/02(Sat) 23:36:12