掲示板 >  ログ一覧022  > 個別ログ


3819/ 青森に行ってきました
・投稿者/ スーバイザー
・投稿日/ 2009/06/21(Sun) 19:29:59

ぞうさん、みなさん、こんばんは。
温泉に全然、行けてませんでしたが、6月19日から21日と2泊3日で、青森に行ってきました。

まずは19日。
加温・かけ流しと情報を得た碇ヶ関の道の駅の温泉へ。
カランは8つくらいあり、青森ヒバと思われる木でできた浴槽に透明なお湯がかけ流されていました。
浅めな浴槽で泡つきが結構あります。さっと汗を流す程度なら十分と思います。
2件目は以前も訪問したことがある平川市の「新屋温泉」へ。
脱衣所からすでに灯油の臭いがし、浴槽には透明なエメラルドグリーンのお湯が並々と注がれています。
かけ湯をして、ゆっくりと身を沈めると、ザァーと気持ちのいい見事なオーバーフロー。そして泡つきと、肌をこするとスルスルとなめらかな肌触り。
まさに極上の温泉です。
カランも温泉で、シャンプーして流すと、髪の毛が指の間をスルスルと通り、リンス要らずです。
夕食は黒石市内の「蔵よし」へ。
実は、私は何年ぶりかの風邪?で喉が痛く、体調不良なため、軽めに「かに雑炊」マネージャーは天ぷら、そば、すしなどがセットになった「世界一天ざる」でした。
予定していたボーリング(穴堀じゃなく、玉転がしです)は中止し、早めに本日の宿泊地「道の駅 いなかだて」へ向かいました。

20日。
朝風呂は「道の駅 いなかだて」の近くにある「平川温泉」へ。
やや緑かかったお湯が浴槽に注がれており、7:3に仕切りがあって、熱い湯とぬるめに調整されています。
身を沈めると、浴槽全体からのオーバーフローとほのかに硫黄の臭いがします。
さっぱり系のお湯で、毎日の生活湯としてはいいと思いました。
その後、津軽西海岸にコースを取り、鯵ヶ沢の「海の駅 わんど」でうに100円に後ろ髪を引かれながら、看板犬?わさお君の写真が飾ってあった売店でいか焼きを食べました。
その後、不老ふ死温泉へ。激込みかな?と予想していましたが、そうでもなかったです。
昼食は深浦町の「広〆食堂」でおまかせ定食を注文。
鮮度のよい、うにと、大きいプリプリのぼたん海老の刺身がとても美味しかったです。
夕方、青森市内の「さんない温泉ヘルスセンター」へ。
青白い硫黄泉で、投入量が多いため、結構熱め。しかも15くらいあるカランも常に空き待ちがいる状況で、早々に退散しました。次回はもっとすいている時間帯に訪問したいです。
夕食は青森市内になる中華レストラン「火山」へ。
「海鮮3種炒め」「かに肉と季節野菜のうま煮」を頼みましたが、かなり美味しかったので、次回も来たいです。
夕食後「青森コロナワールド」へ向かい、「スタートレック」を観て本日の宿泊地「道の駅 なみおか」で車中泊です。

そして最終の21日。
「浪岡駅前温泉」の朝風呂でコーラ色のお湯で汗を流し、その後、湯瀬温泉へ。
温泉街の奥にある「三菱マテリアル不動産保養所 湯瀬クラブ」へ。
温度が56度の源泉かけ流しで、かけ流す量で温度調整しています。泉質表は「単純泉」とありますが、硫黄の香りがする、なかなかよい湯でした。

次回もいろいろなところへ訪問したいです。










■-3820/ re: 青森に行ってきました / ぞう

おばんでございます。いつもありがとうございます。

良いところばかり行かれたんですね。満足してお腹いっぱいって感じでございますね。大変参考になりました。私も行きたくなりました。食事処も書いて頂いて、大変ありがたいです。温泉より食事処を探す方が難しいんですよね(私は)。困難な旅の間にもボーリングを予定するとは、只者ではない、ところを感じさせますねぇ。

今年から青森も少し近くなりましたね(高速のことですけど)。来年はもっと近くなって、青森から秋田、日本海にかけて夜明けが来るのではないでしょうか。

近いうちに、また北へ旅立ちます。
2009/06/21(Sun) 22:23:27



■-3825/ re: 青森に行ってきました / ごまちゃん

おくれながら・・・

毎度、いろんな人の湯巡りルートがとても参考になります。自分で行く時の目安時間がわかって助かります。正直、青森はあんまり行ったことないので、どこからどこまでが何時間で行けるのかよくわかっていない。


最近、車中泊って流行っているのでしょうか?マネージャーが本屋で車中泊の本みつけたって言っておりました。


2009/06/27(Sat) 10:00:36



■-3831/ re: 青森に行ってきました / スーバイザー

ごまちゃんさん、ぞうさん、みなさん、こんばんは。

車中泊のよさは、無料なのと、時間を気にしなくてよいことでしょうか。
夜、道の駅に行くと他県ナンバーがたくさん、車中泊をしていますよ。
暑い時期を除いて布団、枕など持って行きます。
自作のカーテンを窓に取付けると、消音効果も増して車内が静かになり、とても快適に眠れます。

食事処については、ぞうさんのおっしゃる通り、探すの難しいですね。
行程決めるより、食事処探したり、決めたりするほうが時間がかかります。
私は旅行雑誌や、ヤフーの口コミを見て主に決めています。

青森県内の移動ですが、国道でもスピードを55キロくらいしか出さないので、地図やナビタイムで距離と時間を測っても、その通り到着しないことが多いですから、時間をゆとりを持って、早めに出発するといいと思いますよ。
2009/06/28(Sun) 22:22:43



■-3832/ re: 青森に行ってきました / 紅い彗星☆にゃ~

スー様、今回も良い旅のようでしたね!

スー様はいつも2~3泊で宮城県外の温泉を
巡られ、美味いものもしっかりおさえられてますね!
毎度素晴らしい旅のレポートを楽しく拝読しております。

私は一昨年下北の旅をして以来青森に行ってません。
連休が取れず毎年恒例の秋田の旅にも行けてません。

ちなみに、私にゃ~はテント泊と徹夜は得意ですが
車中泊にはトラウマがあるのです。二十歳代前半の頃に
コインパーキングに車を停めて飲みに行ったのですが、
そのパーキングが22:00で閉まり、朝8:00まで出庫できない
というパーキングで、仕方なく車中泊をし全身打ち身や
筋肉痛にさいなまれたのであります。

ところで、猫啼温泉のお湯は無色透明でした。
泉質は単純泉かと思いましたが、ラドンが多いらしく、
東北では珍しい放射能泉のようです。
湧出量も毎分一桁台で泉温も10℃弱のようなので
ラドンがなければ、冷たい清い湧き水であります。
飲んだらおいしいかもしれないですね。
そう言えば、宮城山形県境の舟形山の登山口にある
大滝キャンプ場には「人命水」という岩清水があります。
「里人に 飲ませてやりたき 岩清水」とありました。

いつも長くてすみません。
2009/06/28(Sun) 22:46:59