東北を行け
まる中観光果樹園、突進レポ
Home > 福島の観光 >

まる中観光果樹園の桃

(福島フルーツラーン)
〒990-0827 福島県福島市大笹生字上新田12-4 TEL.024-558-2751
まる中観光果樹園(「まる中」は「○」の中に「中」)
あかつき 6個入り 1080円
まる中観光果樹園の桃 - 通りと看板まる中観光果樹園の桃 - お店の外観
まる中観光果樹園の桃 - 店内まる中観光果樹園の桃 - 桃300円
まる中観光果樹園の桃 - 桃1200円まる中観光果樹園の桃 - 桃1080円
まる中観光果樹園の桃 - 桃・自家用1080円
 暑い夏の日、国道4号線を宮城から福島へ入ると、出くわさずにはいられない「もも、もも、もも」の総攻撃。更に間違ってフルーツラインになんて迷い込もうものなら、買わずにはいられない「もも、もも、もも」のマインドコントロール。って、自分で勝手に盛り上がりましてね~。

 で、どっかで千円分ぐらい買って帰ろうかな~なんて思いながら、次から次に出てくる「もも」看板を横目で見ながら行くと、目に飛び込んできたのは「一山300円」のお誘いの文字~。はい、捕まりました、ロックオン。

 そこはお爺ちゃんお婆ちゃんが営んでいる「まる中観光果樹園」という直売所。覗くとすぐにお決まりの味見モモがお盆に載って出され、それは食べたらもう買わずには帰れない、魔界への扉。まあ、買う気満々だったもので、遠慮なくそれを頂いて、予定の千円ぐらいのを、買い求めたわけですけどね~。

 翌日、食べてみましたら、ちゃんと美味しく頂けまして‥。その次の日も、またその次の日も、ハズレもなくて、よろしいおま~。

 ‥実はココの前にJA直売所に行きましたら(午後)、大箱の贈り物用の桃しかありませんで‥、ガックシ~。そんで、こちらへ。

メモ)
 桃は冷蔵庫で普通に保存すると、冷えて風味が無くなり、確実に美味しくなくなります。なので今回は、アルミホイルで包んで野菜室で保存する方法を知り、試してみましたのよ~。

宿泊は福島市のホテル旅館一覧
©東北を行け