東北を行け
もちもちの木、突進レポ
Home > 福島の観光 >

ラーメン・もちもちの木

〒960-0112 福島県福島市南矢野目字西田9-2 TEL.024-557-0185
中華そば(小)650円
ラーメン・もちもちの木 - お店の外観ラーメン・もちもちの木 - 中華そば
ラーメン・もちもちの木 - メニュー
 福島市の住宅街にある「もちもちの木」というラーメン屋さんに、たまたまやって参りました(いや、連れてこられました)。店内は真ん中にみんなで座る大きなテーブル席があり、周りに4人掛けのテーブル席が数席並び、シャレた雰囲気を醸し出すためか、ちょっと薄暗くした照明になっておりましてね~。

 眉間にシワを寄せ、メニューとにらめっこをした後、中華そば(小1玉)を頼んでみます。と、運ばれてきたラーメンからは湯気が出ておらず、もしや~と思ったら案の定、スープの上が油膜で分厚く覆われた、あっつあつのラーメンなのでありました。

 して、スープをレンゲですくって恐る恐る口に運ぶと、レンゲが近づくにつれ、カツオの香りがプーンと漂ってくるのです。見ると、スープにはかなりの量のカツオ節の粉末が‥。一口飲むと、芳醇な鰹節の香り、そしてまた熱湯が口の中に入り込んで来て‥。たぁ、油断するとヤケドしそうです、いやヤケドします。

 で、麺を箸ですくって持ち上げてみると、急にふわ~っと湯気が立ち上り、それを「ふうふう」すると麺は難なく食べられましたが、スープはなかなか冷めてくれなく難儀致しましてね~。

 と、その麺はストレート系の白っぽい麺で、具は細切りのネギとメンマとチャーシューが、ゴチャゴチャッと散りばめられた感じのもの。で、その柔らかいメンマが細長く切ってあったりして、なかなかおもしろいラーメンなのでありました。

 MGが食べた味噌ラーメンは太めの麺で、モチモチした食感の麺だったそうですぞよ。

p.s.
 2018年現在、私の住んでいる宮城にも、このお店の系列店が増えてきておりましてね~。

宿泊は福島のホテル一覧
©東北を行け , 18rw