東北を行け 福島の観光

おいかわ食堂

、突進レポ
Home > 福島の観光 >

おいかわ食堂

(相馬/松川浦)
〒991-0041 福島県相馬市尾浜字追川186-1 TEL.0244-38-6525
シーフードラーメン 850円、冷やし中華 850円
駐車場あり(店裏)
松川浦、停泊中の船おいかわ食堂 - 通り
おいかわ食堂 - 奥の駐車場からおいかわ食堂 - 松川浦大橋の風景
おいかわ食堂 - シーフードラーメンおいかわ食堂 - 冷やし中華
おいかわ食堂 - ご飯類メニューおいかわ食堂 - めん類メニュー
 8月、松川浦を真ん前に眺める一等地に静かに店を構える、人気だという「おいかわ食堂」にやって参りました。と、そこは明るい夏の日射しに照らされた海沿いのメインストリート沿い。東向きの食堂は「え、やってるの?」と思えるくらい、お昼時には日陰になっており、よくよく見てやっと営業中の札が窓に張り付けてあるのが分り、やれやれと。

 それから奥の駐車場に入ってみましたら、車がいっぱいで‥。それから店内に突進致しますれば、案外数多くテーブル席と小上がり席があり、それらはほぼ満席状態なのです。で、奥の小上がり席をなんとか確保し、辺りを見渡せば、なんだか「あさりバターラーメン」を食しているお客さんが多いよう。‥あ、普通のラーメンも多し。

 まあ、このわたくし、前も申しました通り、海鮮ラーメンがあれば食べる家訓を守っておりますので、メニューにあった「シーフードラーメン」をば、ご注文。して、出て来た海鮮のラーメンはご覧の通り、なかなかの面構え。そう、アサリが結構幅を利かせておりまするよ~。

 そして食べてみますれば、スープが磯ラーメンと違う、塩とも醤油とも見当つかぬ甘めのスープで、そこへ中太の麺が泳ぐ、そんな海鮮ラーメンですラ。それで、上に乗ったイカ、エビ、ホタテが力強くて、なかなか噛み切れませぬ~。にゃ、イヤだというのではなく、それはマンザラでもなく、おいしく頂けましてございます。

 それとMG氏の冷やし中華は、自分の好みの味だったそう。カラシ付きと思いきや、マヨネーズの小袋付き。予想外にスープが多くて、浸して食べる感じに。和風ダシ感もちょっとあり。上の具材は錦糸卵・チャーシュー・キュウリ・ワカメ・トマト・紅ショウガ。‥だったそうでありまするよ~。

p.s.
 今日は混んでいたせいか、注文取りは行っておりませんで‥。それで、自分たちより前に来たと思われるご夫婦の注文が、かなり経ってから聞こえてきて、んー、なんとなく気の毒に思いましてね~。
20
宿泊は松川浦のホテル旅館一覧
©東北を行け , Update:2020/08/29