東北を行け

中華楼

、突進レポ
Home > 閉店のお店 >

中華楼本店

(石巻)→ ※2011大震災の影響で閉店→でも分店の方は大丈夫です!
〒986-0822 宮城県石巻市中央2丁目8-9 TEL.0225-22-2089
中華そば 550円
中華楼本店 - 通り中華楼本店 - お店の外観
中華楼本店 - 店内中華楼本店 - 中華そば
中華楼本店 - メニュー
 6月、市の中心部、石巻市民に愛される老舗の中華料理店、「中華楼」にやって参りました。と、ありゃ、なんだか店の周りの一帯だけがガランとしており、何故なんだ~と首を傾げながら突進に‥。

 して、店内に入ったそこは、テーブル席7、座敷席2の案外広い造り。で、昼食にはまだ少し早いこの時間でも、既にお客さんがチラホラと来ており、そのテーブルを見渡せば、ラーメンと、ちょっと変わった色の焼きそば(石巻焼きそば)、冷し中華などがオーダーされているよう。

 そしてそれらを入念に偵察した私なんですが、結局その甲斐もなく、ハナから決めていた「中華そば」を注文致しましてね~。‥そうそう、メニューにはラーメンの種類の多いこと~。また、なんだか他の料理も気になりまするのよ~。

 で、程なくして運ばれた「中華そば」は、薄い色のスープに、細いちぢれ麺が泳がされる、しょうゆラーメンです。して、スープをやさしくすすってみると、最初に魚ダシの香りが漂い、次第に野菜系の甘味も醸し出す、コクのある本当においしいスープなのです。

 あと、ちょっと色が付いた麺は甘味があるように感じ、細いメンマも、アブラ身の多いチャーシューも、マンザラではありません。う~ん、久しぶりに幸せを感じるおいしいラーメンを食べ、気分もよろし、ごっつぁんです。

 それと、ラーメンだけで足りないかな~、ちょっと小さめの器だな~、と思ったラーメンでしたが、麺の量が普通より多いようで(と思えた)、食後の満腹度も悪くはございませんでした。
2009/06

p.s.
 写真のメニューは麺類のメニューで、裏面にはご飯モノ・メニューがちゃんとあり。そう、チャーハン、カツ丼、カレーライスまで何でもありなのです。
©東北を行け , 19rw