東北を行け
庄屋の家、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

庄屋の家

(栗原市)→ ※2018.07 確認したら綺麗サッパリと跡形もなく‥
〒989-5603 宮城県栗原市志波姫伊豆野町北側4 TEL.0228-23-5515
入口には「昼寝の出来る店」の文字が‥
ラーメン 500円、あんこ餅 250円、庄屋そば 650円
庄屋の家 - 入口庄屋の家 - お店の外観1
庄屋の家 - お店の外観2庄屋の家 - 池の金魚
庄屋の家 - 囲炉裏庄屋の家 - 店内
庄屋の家 - ラーメン庄屋の家 - あんこ餅
庄屋の家 - メニュー
 旧・志波姫町にあるパラダイス、「庄屋の家」へ、躊躇しつつも思い切って突撃してみました。

 して、駐車場からそれらしい門をくぐると、そこには茅葺屋根の、程よい大きさの「庄屋の家」あり。で、庭には池があり、それが意図したのかどうか、昔よく見たようなシンプルな赤い金魚だけの池なのです。

 と、恐れ知らずに家の中に突入してみたら、そこは凝りに凝った昔の風景。天井の高い土間に、囲炉裏のテーブル席、等など‥。でも時は現代、そこには似つかわしくないテレビが、ニギヤカにお昼のニュースを伝えておりましてね~。ちなみに襖を開けた次の間は、座敷にコタツでがんしたよ~。

 さて、メニューをめくりましたら「くりこま残雪ラーメン」等という、とっても目に留まる逸品が‥。でも、何しろ昔の造りの家なもので、今日の真冬の寒さが少々こたえ、温かいメニューの方へ目がシフト‥。そして頼んだのが、ラーメンとあんこ餅なのでありましたのよ。

 で、驚くべきなのかどうか、出て来られた店員さんが”本当の”おババ様でございまして‥。それでもって、前菜が出るわ、バッケ(ふきのとう)味噌が出るわで、頼んでもいないものが次々に運ばれ、気前よくサービスしてくれるのです。

 え、味の方? 普通においしゅうござります。‥時折「チン」と聞こえる電子レンジの音が、なんだか風情ありと言っておきましょうか。他にもいろいろ、行ってみでけろ~。

宿泊は栗原市のホテル旅館一覧
©東北を行け , 18rw