東北を行け
そば処・もってのほか、突進レポ
Home > 山形の観光 >

そば処・もってのほか

(蔵王温泉)
〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉三度川1118-1 TEL.023-694-9458
民宿ラインヒュッテ、もりそば大盛 750円、普通 600円
そば処・もってのほか - 通りそば処・もってのほか - お店の外観
そば処・もってのほか - もりそば大盛
 蔵王温泉の街外れ、観光客がめったに通らない所にひっそりとある、「もってのほか」という変な名前のそば屋さんにやって来ました。‥民宿ラインヒュッテと同じところのようですね~。

 入店して席に着くと、すぐに「そば茶」が出て参りまして、それが何とも香ばしくておいしいこと~。して、メニューから適当に頼んで、待つことしばし。出て来た「もり蕎麦」は、山形田舎蕎麦とは違う洗練された姿の蕎麦で、食べるとこれがまた旨いのです。更に、大根おろしを入れたそばつゆの、程よい辛味が格別でございますね~。

 そして食後に飲んだそば湯も、とてもおいしく‥。そば湯は麺つゆに入れて飲むのが普通だと思いますが、試しにそば湯だけ飲んでみたら、これがお粥のようなトロ~リとしたもので、そのままでもベリーグー。

 今日はお客さんが多かったせいか、12時20分で売り切れてしまい、次のお客さんには「今から打ちますから、30~40分待つことになりますけど‥」とのおことわり。

 そうそう「蕎麦には色々なミネラルが入っていますが、茹でるうちに溶け出してしまうので、食べた後は蕎麦湯を飲むと良い」と書いてありましたよ。

 いやほんと、適当に入ったお店で絶品の蕎麦に出会えるなんて、何よりも幸せ‥。ごっつぁんです。

宿泊は蔵王温泉のホテル旅館一覧
©東北を行け , 18rw