東北を行け
花笠観光センター、突進レポ
Home > 山形の観光 >

花笠観光センター

(尾花沢)
山形県尾花沢市上町4丁目12 TEL.0237-22-1790
手打ちざるそば 800円、‥「民宿はながさ」もやっているもよう
花笠観光センター - お店の外観花笠観光センター - 店内
花笠観光センター - 手打ちざるそば
 国道13号線の尾花沢付近を走っていると「日本一 手打ちそば」のあやしい看板が‥。で、何を思ったのか、その3人家族が引き込まれて参りまするのよ。

 と、そこには入口が二つほどあり、どっちが蕎麦屋の入り口なのか迷いながら、なんとなく「みちのく浅草」の看板の方から入ってみますれば、中はやっぱりあやしい「浅草」の雰囲気でいっぱい。で、見て見ぬふりをしながら、隣の食堂らしき方へ移動。して、席に着き、メニューを眺め、その中から「手打ちざるそば」を恐る恐る頼んでみたのです。

 と、おや、ちゃんとした姿のざる蕎麦が出て来たではありませぬか。ご主人曰く「うちの蕎麦は、蕎麦粉100%で手打ちだよ~。手打ちだから長さも短いんだよ~」とおっしゃいます。見ると、それは短い細切れっぽいのやら、超薄いのやら、手打ちの醍醐味を存分に醸し出す蕎麦なのでありました。

 して、つゆは結構甘い感じのカツオダシの効いたもので、そばをつけて食べると意外とイケルのです。すぐに無くなり、副食のゲソ天も食べ終えると、小さな器にとろろが入っていたのを見つけてしまい「あ”~っ」と。‥それはさておき、製法に違いがあるのか、他店のそばより、ふわっとした食感のそばでございましたのよ。

 この季節、尾花沢を走っていると、道路わきの畑に蕎麦の花が咲いているのを見かけます。この店の前にも、安全地帯のような花壇のような場所があり、そこに勢い良く咲く花々が蕎麦なのでありました。新そばの季節も、もうすぐですね~。

p.s.
 その後、道の前後に道の駅が出来たとかで、今頃どうなっているのやら‥。
宿泊は尾花沢のホテル旅館一覧
©東北を行け , 17rw