東北を行け
五福星 (うーふーしん)、突進レポ
Home > 仙台の観光 >

五福星

(仙台のラーメン)
〒981-3124 宮城県仙台市泉区野村字馬場屋敷11-2 TEL.022-218-5869
ネギらーめん 749円、肉そば 899円
駐車場 無いわけがございませぬ。
五福星 - お店の外観五福星 - ネギらーめん
五福星 - 肉そば五福星 - メニュー
 以前、仙台市役所の西側へ5分くらい歩いた所の路地に、あまりキレイとは言えない雑居ビルがあり、その1Fに小さなお店、「五福星」がありました。開店時間ピッタリに向かうと、既に5,6人のお客さんが小路に並んでいて‥。

 時間になってお店が開けられ入ると、中は狭いカウンター席と小さなテーブル席が2つ程の、古くて小さな喫茶店にたいな雰囲気。で、そのカウンターの中に、どっしりとカップクのよい、少し(いや、かなり)怖そうな風貌の店主がなにやら忙しそうにしている、そんな感じのところだったのです。

 して、カウンター席とカウンターの中とは仕切りも無く、すぐ目の前で店主がラーメンを作り、その作業をかなりの至近距離で見守る、そんな光景が毎日繰り返され‥。で、そこには一種の緊張感があり、食うか食われるか、そんな殺気めいたものさえ漂う、とっても稀な異空間だったのです。



 時が経ち、新しく生まれ変わった五福星は、シェルコム仙台の南側、泉ケ岳へ向かう、案外狭い幹線道路沿いに陣取る、こざっぱりした一軒家のお店に‥。で、それが左カーブのインコースの内側、しかも林の中にあるもので見つけられず、一度通り過ぎてしまい、シェルコム仙台を一周して戻り、やっとたどり着いたのです。ヤレヤレ。

 で、新しいお店の店内は、木材をベースにした洒落た造りで、以前からは想像できない程、長くて大きな鍵型のカウンター席と、ほどよい大きさのテーブル席が3つ程あり、だいたい25人くらいが一度に入れる広さなのです。

 して、テーブル席に座ると、カウンター内の店主がかなり遠くに見える景色で、なんか以前の店の、あの妙な緊張感が懐かしくて‥。で、以前は店主の他に女性店員が一人だけだったのが、今日は5人ほどの若い女性店員が働いており、また店内のBGMがポップ系の音楽で、すっかりと様変わりしておりましてね~。

 昔と同じようにネギラーメンを頼んでみると、あれ、こんなんだったっけ~、と思わせる上品に見えるラーメンが出て参りました。一番上に刻みネギ、その下に白髪ネギを辛味系に浸したものが大量に乗せられ、あとはチャーシュー2枚とメンマが入っております。

 その濃いスープは醤油味なんですが、濁った感じで、色んなダシが入りブタ背油の香りもする、そんなスープになっています。麺は太縮れ麺で、これはなかなか旨いですね~。全体的には、荒々しい、豪快なラーメンというところでしょうか。ネギが大量なので、麺とネギを一緒に食べないと、なかなかネギがなくなりませんことよ~。

 店主は前の怖い雰囲気が少し薄れ、声も顔も、ちょっと優しくなっているよう。余談ですが、体重の方は変わってないような‥。どうもスミマセン。

宿泊は仙台郊外のホテル一覧
©東北を行け , 18rw