東北を行け 福島の観光

アクアマリンふくしま

、突進レポ
Home > 福島の観光 >

アクアマリンふくしま

(小名浜の水族館)
〒971-8101 福島県いわき市小名浜字辰巳町50 TEL.0246-73-2525
入館料 1600円
アクアマリンふくしま - 施設の外観アクアマリンふくしま - イワシの水槽
アクアマリンふくしま - イワシと園児アクアマリンふくしま - トンネル水槽
アクアマリンふくしま - マグロアクアマリンふくしま - セイウチ
アクアマリンふくしま - エトピリカアクアマリンふくしま - 植物園
アクアマリンふくしま - イカかなー
 10月、福島県最大の港の小名浜港にある、東北最大級の水族館、「アクアマリンふくしま」にやって来ました。

 この”とてつもなく”大きくて立派な水族館は、平日には次々とスクールバスやら幼稚園バスやらが乗り付けられて、大勢の子供達を解き放ち、館内はオコチャマ達でいっぱいになるのです。また関東にも近く、そちらからのお客さんも案外多いようですね~。

 ここは最初に最上階の4Fにエレベーターで上り、あとは徐々に下りてくる観察順路に設計されております。あと、建物の周りには人工池やビーチがあり、そちらも散策できるようにもなっているんですよね。

 で、エレベーターを降りてまず最初に出くわすのは、自然光にて銀光りを放ち、虹色に輝くマイワシの群。お~、なんという凄まじさ、そして美しさ。そのマイワシの数は、最大時には3万匹もいるんだとか。と、マイワシの中にはアゴが外れたような形のものが見かけられ、最初は壊れているのだとばかり思ったのですが、しばらく観察していると、やがてアゴが閉じて普通の形に‥。そう、ただ大口を開けてプランクトンを食べていただけだったんですね~。

 そして、その大水槽にはカツオやマグロが少ない数ですが泳いでおり、上層はイワシの大群、下層はカツオとマグロ、そんな素晴らしい箱海がそこに展開されていたのです。して、マグロはイワシを食べると思いますが、どうなっているのでしょうか。(→どうやら、マイワシは毎日100匹以上食べられているんだと)。

 あとは、大きなキバのセイウチのド迫力。(チョコボールの)キョロちゃんに似た黄色いクチバシのエトピリカという海鳥が、とてもひょうきんな仕草でカワイイのです。それから沼の生物、タガメやゲンゴロウ等もおりましたよ。

 全体的には開発途上のせいか、建物の大きさにしては、何か少し物足りない気もしますが、現在でもかなり楽しめると。また水族館に展望台(?)なんかもございまして、少し恐くて、いい感じでありましたのよ。

©東北を行け , 17rw