ホーム

旅館亀屋

、突進レポ
Home > 閉鎖のお店 >

料理旅館 亀屋

(いわき市) → ※2011大震災で消失
〒979-0333 福島県いわき市久之浜町久之浜字北町78 TEL.0246-82-2003
洗浄器付きトイレ
---
2018.06 気がついたら「割烹久之浜 亀屋平店」というお店が営業されていて‥。
料理旅館 亀屋 - 通り料理旅館 亀屋 - 施設の外観
料理旅館 亀屋 - 部屋料理旅館 亀屋 - 夕食
料理旅館 亀屋 - 料理
 10月、いわき市は久之浜町内の商店街の一角にある、格安料金でも料理が素晴らしいことで有名な、「旅館 亀屋」にやって参りました。

 当初、さびれた所にポツンとあるのかな~と思って来たところ、そこには商店が並ぶメイン通りがあり、でも周りは住宅街というロケーションでしてね~。

 で、宿は部屋の広さで料金が違うシステム(6~10千円)になっていたところ、何を血迷ったのか見栄を張ってしまい、真ん中クラスの8畳のアウトバスの部屋(8千円)にて予約。が、来てみると部屋が空いているということで、2間続きのトイレ付の部屋(10千円)に8千円で泊まらせて頂くことになりまして‥。まあ、よくあるパターン。

 して木造りの建物はちゃんときれいにしてあり、たいへん気持ち良く過ごせました。まあ木造なので、他の客がドタバタした時に揺れたりするのは仕方ありませんけどね~。

 さて、お目当ての夕食は別個室にて‥。して、その部屋に入って、わお~。見ればテーブルいっぱいに魚料理が並べられ‥。で、その中でも真ん中に置かれている大きな「鯛のカブト煮」が目を引きましてね~。

 このテーブル上だけでも感嘆に値するのに、更に焼きたてのカレイの塩焼きも運ばれて来て、そのカレイの旨いこと~。鮮度の良いカレイの焼きたてって、こんなにおいしいものなんですね~。と思いながら食べていると、更に今度は「山の神(オコゼ)のから揚げ」が追加で運ばれ‥。仕方なくこれを頭からかぶり付くと、これもGood。はい、他の料理もプロの味に仕上がっており、大変満足なのでございました。

 んー、こんなに魚を何匹も食べたのは生まれて初めて。あまりにも多すぎて、途中でギブアップ(‥昼にトンカツを食べたし~)。

 なわけで、こちらは魚好きの人には、たまらない宿。見栄を張らなきゃ、6千円で泊まれますよ~。
0710(宿泊)
©東北を行け , 18rw , 最終更新日:2019/11/06