東北を行け
千久庵、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

千久庵・白鳥ラーメン

(伊豆沼・新田駅前)
〒989-4601 宮城県登米市迫町新田字狼ノ欠48-26 TEL.0220-28-2012
白鳥ラーメン 700円、駐車場 店の前に1台、(無断で)駅の前に3台ぐらい
千久庵 - 新田駅千久庵 - お店の外観
千久庵 - 店内千久庵 - 白鳥ラーメン
千久庵 - かつ定食千久庵 - メニュー
 伊豆沼の南、ローカルなJR新田駅前にある食堂、「千久庵」にやって来ました。古い観光雑誌に載っていた「白鳥ラーメン」に興味をそそられ、フロンティア精神よろしく、突進したわけなのです。

 来てみると、外観も店内も見事なローカル色を醸し出す、雰囲気のある佇まい。で、カウンター内にウイスキーのキープボトルが並べられ、夜は飲み屋さんに変身するのが分かりました。

 して最初から決めていた「白鳥ラーメン」を頼みますと、店のオジサンが一瞬「ハッ」として固まったように見え、すぐに平静な顔に戻り、うなずいて奥の間へ。‥と、それは白鳥ラーメンを頼んだことを、かなり後悔させるのでありました。で、不安な心持ちで、かな~り長い時間を待つと、いやになった頃にやっと運ばれて参りましたのよ、白鳥ラーメンが。‥時は、先に出てきたマネージャーのカツ丼が、もう無くなりそう。

 さて、その白鳥ラーメンは伊豆沼で採れる素材を使ったラーメンのようで「沼エビ・じゅんさい・ほうれん草・キャベツ・モヤシ・チャーシューのこま切れ等」が入る、バラエティーに富んだラーメンなのです。沼エビには塩味がついて生臭さ等は無く、塩味スープに、細い黄色い麺が入る、結構おいしいラーメンです。

 んと、余計なことですが、黄色くなったレンゲを新しくしてもらえば、もっとおいしく食べられたかな~、なんて思いますけど。

 と、帰ろうかと思った頃に、お婆ちゃんがやって来まして、店のオジサンが注文を訊くと「何でもいい~!」みたいに答えるのです。結局オジサンが、今は夏でもあり冷し中華にしたみたいですが、この光景がなんとも奥深く、その信頼関係に感銘をうけたのでございました。

宿泊は登米市のホテル旅館一覧
©東北を行け , 18rw