東北を行け
八東苑、突進レポ
Home > 閉鎖のお店 >

八東苑

(気仙沼大島フェリー発着所) → ※2011大震災で消失
〒988-0034 宮城県気仙沼市朝日町475-1 TEL.0226-24-1758
ふかひれラーメン 1155円、大漁ラーメン 1050円、駐車場は心配無用
通り施設の外観
店内ふかひれラーメン
大漁ラーメンメニューメニュー
 気仙沼といえばフカヒレ。現地で一度はフカヒレを食べてみたいと思い、ふところ具合を何度も覗いてはため息をつきつつ、のっそりとやって参りました。まあでも私の場合は、味見程度のフカヒレなんですけどね。

 やって来たのは、気仙沼港から大島に行くフェリー乗り場にある中華料理店「八東苑」です。えーと、東京で大島といえば伊豆大島のことですが、ここで大島といえば気仙沼大島のことなんです、はい。

 お店の建物は、半分がフェリーの切符売場で、半分が食堂になっており、入口から普通に入ると切符売り場&待合室で、もう一つ奥(脇)のフロアが食堂になっている感じなんです。食堂内はかなり年季が入っていまして、簡単に言うと昔からある駅前食堂的な雰囲気。

 一応、夕べ、寝る前から決めていた「ふかひれラーメン」と、海鮮系の「大漁ラーメン」も頼んでみました。(‥もう一人、MG氏もいるから心配ご無用)。

 出てきたフカヒレラーメンは、しょうゆ味のスープにちぢれ麺で、上に乗っているのがフカヒレと竹の子、ねぎ、鶏肉(のチャーシュー?)の細切りです。まあ、中華あん風味からトロミを取った様子のもの。フカヒレはプチプチして淡白なテイストですが、まあまあイケル感じですね。あと(以前も思ったのですが)気仙沼のしょうゆスープは何か独特な風味があり、人によっては好き嫌いのある味ではないかなーと‥。(地元のしょう油屋さんの味なのか)。

 一方、大漁ラーメンは塩味のスープに上記と同じ麺。その麺は灰色がかった白っぽいものですね。具材はホタテ、エビ、ワカメ、カニに加え、なんと’かき玉’チックな物も入っておりまして、なかなかワイルドな風味が醸し出されています。そしてこの中ではカニの旨さが突出。久しぶりに旨いカニを食べたなーと、ちょっぴり幸せに。

 ここは大島と気仙沼とを行きかう人々の大切な食堂。垢抜けることは無いですが、中身は良いと‥。

 フェリー乗り場からは気仙沼湾をかいして、魚市場、街並み、そして遠くの空に室根山がくっきりと見えていました。まあ気仙沼の山と言ったら安波山ですけど。
2008.01

宿泊は気仙沼のホテル旅館一覧
©東北を行け 2008-15