投稿へ 戻る

釜谷浜海水浴場・ババヘラアイス(秋田県三種町)

/ 秋田のグルメ
  • Currently 3/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 3/5 (1 votes cast)


コメント

長崎にも、同じようなものが‥

前田冷菓(長崎市)が販売している長崎名物「ちりんちりんあいす」。シャーベットのような口当たりと、バラのような盛り付け(異なる場合もある)が特徴だ。1960年の創業以降、長きにわたって愛されてきた。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5375780

(投稿者 ちゅうざえもん さん : 2019年05月29日)

<ババヘラアイス>秋田のソウルフード宮城はダメ

独特の販売方法に対し、県ごとに許可基準が異なるためだ。
宮城県と仙台市には、イベントなど仮設店舗の営業許可や食品の扱い方を定めた要領がある。アイス類は「ほこりが入る」などとして容器からすくって売る方法を禁じている。

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201809/20180924_73010.html

(投稿者 Anonymous さん : 2018年09月24日)

<サンドクラフト>巨像 海水浴客を圧倒

 秋田県三種町の夏を彩るイベント「サンドクラフト2016inみたね」が30日、同町の釜谷浜海水浴場で開幕した。迫力ある砂像(サンドクラフト)が展示され、海水浴客らを楽しませている。31日まで。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年07月31日)

<ババヘラアイス>販売員の確保に異変

 秋田名物の氷菓「ババヘラアイス」を販売する中高年女性の確保が難しくなりつつある。販売会社の一つは約10年前のピーク時に比べ4割近く減少した。背景には高齢夫婦のみの世帯の増加があり、夫の世話のため、やる気があっても仕事を辞めざるを得ないケースが増えている。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年05月10日)

秋田の新ご当地ソフト「ババヘラ・ソフト」、今年も

 冬季休業中だった秋田のご当地アイス「ババヘラ」のソフトクリーム版「ババヘラ・ソフト」が4月1日、道の駅「あきた港」(秋田市土崎港西1)で販売を再開した。

http://akita.keizai.biz/headline/2455/

(投稿者 Anonymous さん : 2016年04月08日)

沖縄にもあった「ババヘラアイス」!

沖縄のアイス路上販売ビックアイス(BIC ICE)。青と白のパラソルが印象的なアイス屋さんだが、高校生しか働けないとか、時給が300円だとか、たくさんの噂がある。噂がどこまで本当かを解明すべく、アルバイトをしてみた。

http://www.dee-okinawa.com/topics/2011/08/bic-ice.html

(投稿者 Anonymous さん : 2014年08月18日)

秋田ババヘラ・ミルキーって

秋田ババヘラ・ミルキーなるものが売られているらしいですね。しかもお土産に人気だとか。

秋田名物「ババヘラアイス」をイメージしたバナナ&イチゴの不思議なおいしさの秋田限定ミルキーです。お土産で配れる50g(個装紙込み)×2袋入りです。外箱にはババヘラアイスの販売風景をあしらい、留め口がお花型になった可愛らしいパッケージです。

http://www.fujiya-peko.co.jp/sweets/item/11611.html

(投稿者 ぞう さん : 2013年08月21日)

サンドクラフトあす開幕

 砂で作ったユニークな像を展示する秋田県三種町の夏の恒例イベント「サンドクラフト2013inみたね」(実行委員会主催)が27、28の両日開かれるのを前に、会場の釜谷浜海水浴場で、展示作品の制作作業が進んでいる。

 イベントでは、特設ステージを設け、フラダンスなどが披露される。砂像は9月1日まで展示する。

(投稿者 阿仁の鱒 さん : 2013年07月26日)

秋田のご当地アイス「ババヘラ」、カンボジアへ

ババヘラアイスが海をわたり、今夏からカンボジアで販売されることになった。

「作り方を教えれば良いという軽い気持ちで引き受けたが、これほど難航するとは予想外だった。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB0508R_W2A600C1000000/?dg=1

(投稿者 づんつぁマン さん : 2012年06月10日)

秋田で「ババヘラ・アイスガム」発売

 秋田名物として人気の2色アイス「ババヘラ・アイス」。発売元の進藤冷菓(男鹿市)が監修し、アイスと同じ香料を使いイチゴ味とバナナ味の2種類の風味を粒ガムで再現した。ボトルタイプのパッケージデザインもアイス販売に使われる缶をイメージした。

 価格は1個630円(100グラム)。県内の道の駅など土産物店のほか、同社ネットショップでも販売する。

http://akita.keizai.biz/headline/1435/

(投稿者 づんつぁマン さん : 2012年04月16日)

「サンドクラフト」展が三種町の海水浴場で

 海岸の砂でさまざまな像を作る「サンドクラフト」展が三種町の海水浴場で始まり、会場の砂浜に力作が並びました。
「サンドクラフト」は、海岸の砂を使って建物などの像を作る、いわば砂の彫刻で、日本海に面した三種町では、町の名物にしようと住民らが実行委員会を作って毎年開いています。
 会場の釜谷浜海水浴場には、町内外の職場や学校のグループが作った、合わせて40の砂の像が並びました。

(投稿者 アイルトン さん : 2011年08月01日)

アイスを天ぷらに?-イベント販売の「ババヘラ・天ぷらアイス」、話題に

秋田の名物アイス「ババヘラ」の発売元「進藤冷菓」(男鹿市)が5月上旬に発売した「ババヘラ・天ぷらアイス」が現在、秋田市内のイベント会場で話題を集めている。

 バニラアイスを入れて凍らせたソフトボール大のバターロールパンを、「男鹿の藻塩」を加えた衣で包み油で揚げて仕上げる同商品。大阪で開かれた「アイス博覧会」で天ぷらアイスの存在を知ったことをきっかけに、「秋田でも」と開発した。

http://akita.keizai.biz/headline/1191/

(投稿者 通行人 さん : 2011年05月22日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。








トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません





(C) 東北の旅ログ