投稿へ 戻る

ゴジラ岩&八竜メロン&ジュンサイ沼(秋田の観光)

/ 秋田の観光旅行
  • Currently 3/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 3/5 (1 votes cast)


コメント

ゴジラ岩の後ろに「ネコ岩」登場

朝日新聞より
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000014-asahi-soci

(投稿者 おばば さん : 2019年03月10日)

八竜メロン、定植作業盛ん

 八竜地域では、1960年代半ばから砂丘地を活用したメロン栽培が本格化した。出荷は6月中旬から8月下旬ごろまで。すっきりした甘さの「サンキュー」や大玉の「タカミ」、糖度が高い「秋田甘えんぼ」などが生産される。

http://www.sakigake.jp/news/article/20180419AK0004/

(投稿者 Anonymous さん : 2018年04月20日)

ジュンサイの摘み取り作業が最盛期、三種町

 ジュンサイの生産量日本一を誇る秋田県三種町で、摘み取り作業が最盛期を迎えた。8月中旬まで町内各地で作業が続く。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年06月01日)

じゅんさいの館に情報センター開設

 三種町観光協会(石井秀基会長)は7日、同町森岳の農産物直売所・じゅんさいの館に観光情報センターを開設した。間もなく本格化するジュンサイ摘み取り体験の受け付けや、町内のさまざまな観光情報の発信を担う場所とし、スタッフが真心を込めて県内外の観光客らに対応する。9月末まで設置し、体験の受け付けも同月までだが、一定量が期待できるピークは6、7月。体験申し込みは同センター(☎88・8855)へ。体験料は中学生以上1800円、小学生1千円。

(投稿者 Anonymous さん : 2015年05月08日)

じゅんさい摘み取りはじまる

 三種町で、特産のじゅんさいの摘み取りが始まりました。
 三種町では、昭和40年代からコメからの転作作物として栽培が盛んになり、町は現在、年間およそ500トンを出荷する、日本有数の産地です。

(投稿者 Anonymous さん : 2014年05月17日)

観光列車の乗客に「流しジュンサイ」

 寒天質で覆われ、ツルッとした食感が喜ばれるジュンサイ。生産量日本一を誇る秋田県三種町のJR森岳駅で19日、弘前(青森県)―象潟駅間を走る観光臨時列車「秋田の食満喫号」の乗客に、流しそうめんに見立てた「流しジュンサイ」が振る舞われた。

(投稿者 阿仁の鱒 さん : 2013年10月21日)

秋田の健康珍味に舌鼓 ジュンサイ居酒屋「正助市場」

 JR大森駅(東京都大田区)東口から歩いてすぐの居酒屋正助市場は、この“健康珍味”に出合える穴場だ。
 生産量日本一の秋田県三種町森岳地区から仕入れたジュンサイを、酢の物、てんぷら、鍋やサラダで。5月下旬には、ことし初摘みの森岳ジュンサイが届き、店の前にといを渡してジュンサイ流しを開催、道行く人たちにPRした。これから真夏に向け収穫最盛期だ。

(投稿者 阿仁の鱒 さん : 2013年07月16日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。












(C) 東北の旅ログ