投稿へ 戻る

作並温泉・作並ホテル

/ 秋保温泉・作並温泉の宿 / 宮城県
  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)
仙台市青葉区作並字長原3-2 TEL.022-395-2341

コメント :投稿数 (9)

現在普通に日帰り入浴のみ営業しています。
入口の自動ドアが明けばだいたい入れる時です。

平日の雨の日だとほんとにお客少ないとか。
(もともと、それほど客こない)

コロナ禍の今、そういうタイミングを狙って行くのも感染対策として良いかもしれませんね。

(投稿者 ごまちゃん さん : 2020年09月26日)

HPは放置されていて正直全く意味がありません。

現状はというと、宿泊はもうやめてしまっています。
最近、日帰り入浴だけ復活しました。
(いつからかはわからない)

だいたい、11時~17時ぐらいまで営業しています。
料金:600円
不定休

シャワーを新しく設置し、脱衣所もドライヤーが置いてあります。大きな変化はありませんがそこが変わったポイントです。
ただし、シャンプーやボディーソープは置いていません。

共同浴場感覚で行くことをオススメします。
作並でかけ流しの湯が楽しめるのは少ないので、結構貴重な存在だと思います。

透明湯が好きな人にはとても良いと思います。成分が濃すぎないので湯疲れもしにくいです。

(投稿者 ごまちゃん さん : 2020年02月16日)

PANPANさん、情報ありがとうございます。

作並ホテルのHPを見ると、宿泊も日帰り温泉もやっていることになっておりますね。というか、HPは作ったときのまま、直してないのかもしれませんけど。

よく分からないので休業中の表示に致します。

(投稿者 ぞう さん : 2017年11月12日)

役立つ情報が満載で、いつも参考にさせていただいています。

今回、作並ホテルに日帰りで利用しようと電話確認したところ「日帰り入浴はやっていない」とあっさり言われました。

(投稿者 PANPAN さん : 2017年11月12日)

この前行った時聞いてみたら、だいたい11時~15時が日帰り入浴の営業時間みたいです。その日の準備状況次第で時間は多少前後します。

(投稿者 ごまちゃん さん : 2016年07月10日)

入浴料金500円(HPでは600円から直っていない)です。シャワーは使えなくなっております。シャンプーも無く、石鹸が置いてあるのみ。湯船の湯を汲み出して体を洗う必要があります。
このような条件になってしまいますが、共同浴場だと思えば全く問題無し。お湯の鮮度もよく、作並温泉の中ではダントツに素晴らしい湯ではないでしょうか。
ただ、行ってみると真っ暗なので営業していないと思ってしまいます。入口の自動ドアが開く時は結構入れること多いですので、ロビー付近の電気は基本つけていないから、暗くても中で声をかけてみるのが良いと思います。
今はここのお湯が大好きな人ばかり利用しているようです。

今の状態では営業をいつまで続けてくれるのかとても不安があります。もし、行ってみたい人は早めに訪れてみることをオススメします。
また、気に入った人は何度も訪れてあげてほしいです。

(投稿者 ごまちゃん さん : 2014年04月13日)

今は宿泊をやめているとのことですが、要望があるので日帰りは続けているそうです。(@500円でした。ただし、川沿いの露天はやってないとのこと...残念!女湯は露天も大丈夫です。)
泉質といい湯船といい、個人的には大好きな湯ですので、なくならないで欲しい...と切に願っています。

(投稿者 このへんの湯トラベラー さん : 2013年08月05日)

作並の旅館に泊まるのは3軒目だったんですが、前に止まった2軒にはがっかりしていたのが、ここの
宿は、本物という感じで、満足しました。ロビーとか、見た目だけ、にぎやかに飾り立てているところ
が全く無く、余計なものがなくて、静かで落ち着きます。また、ごはんのおかずがおいしかった。
ちいさな露天風呂も自然に溶け込んだ感じでよかった。是非また行ってみたいです。

(投稿者 蕪 さん : 2007年07月12日)

去年のクリスマスに彼氏と作並ホテルで過ごさせて頂きました☆
ご飯がとってもおいしくて最高でした!
仲居さんのおばちゃんと写真撮りました☆
覚えてるかな?!

また行っておいしいご飯食べたいです!
おばちゃんにも会いたいです☆


(投稿者 あー さん : 2006年12月12日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help




トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ