投稿へ 戻る

蕪島・葦毛崎展望台・種差海岸(八戸)

/ 観光旅行
  • Currently 4/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 4/5 (1 votes cast)


コメント :投稿数 (18)

蕪島地区待望の物販施設「かぶーにゃ」オープン

 新型コロナウイルスの影響で開業が延期となっていた青森県八戸市蕪島地区の物産販売施設「かぶーにゃ」が11日、オープンした。

(投稿者 Anonymous さん : 2020年05月13日)

「蕪島神社」がお披露目、一般参拝は3月26日(木)から

2020年3月26日(木)に「蕪島神社例大祭」を行い、この日から一般の参拝が可能になります。

(投稿者 Anonymous さん : 2020年03月12日)

八戸市水産科学館「マリエント」4階に、飲食店「夕日絶景食堂 イヌワラウ」がオープン

 メニューは和食・洋食・中華と幅広くそろえる。和食は新鮮な海の幸を使った海鮮丼など。洋食はパスタやハンバーグが中心。パスタにも海のものを取り入れる。中華は、経営する中華料理店「a-chu a-chu」の経験を生かし、エビチリや、あんかけラーメン、磯ラーメンなどを用意する。

https://hachinohe.keizai.biz/headline/754/

(投稿者 Anonymous さん : 2018年03月04日)

「逆境に立ち向かう」清楚な白い花…岩場に咲く

 青森県八戸市の蕪島付近から種差海岸にかけて、秋の深まりを告げるハマギクが見頃を迎えている。

 八戸の海辺は花の種類の豊富さで知られるが、雪解け直後のフクジュソウから始まる「花のリレー」は、夏のニッコウキスゲ、ノハナショウブ、ハマナス、ハマヒルガオなどを経て、いよいよ秋の最終走者にバトンが渡った。

 ハマギクは主に関東以北の太平洋岸に生えるキク科の多年草。寒さに強く、厳しい気候の海岸沿いの岩場などに清楚せいそな白い花を咲かせることから、「逆境に立ち向かう」という花言葉で知られる。東日本大震災の被災地では、ハマギクに復興への思いを重ねる人も多い。

 葦毛崎展望台から見下ろすと、断崖の岩場の裾を白く染めるようにハマギクの群生が海辺近くまで広がっている。種差海岸インフォメーションセンターによると、見頃は10月初旬まで続くという。

(投稿者 Anonymous さん : 2017年10月02日)

種差海岸でニッコウキスゲ見ごろ

 八戸市の三陸復興国立公園・種差海岸でニッコウキスゲが見ごろを迎えている。同海岸の自然歩道「みちのく潮風トレイル」沿いには、鮮やかな黄色の花が咲き誇り、散策客の目を楽しませている。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20160620014642.asp

(投稿者 Anonymous さん : 2016年06月20日)

蕪島でウミネコのひな続々誕生

 八戸市のウミネコ繁殖地・蕪島で、ひなが続々と誕生している。島頂上部に続く階段脇や遊歩道沿いでは、よちよち歩いたり、きょうだいでじゃれ合う愛らしい姿を見せている。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20160526013808.asp

(投稿者 Anonymous さん : 2016年05月27日)

種差海岸ガイド、予約不要で/八戸市

 八戸市は5月から、事前申し込み不要で、気軽に参加できる種差海岸周辺のガイド事業を始めた。7日は4人が利用し、散策路脇に咲く春の花々の説明を聞きながら約1キロを歩いた。

http://www.aptinet.jp/Detail_display_00000568.html

(投稿者 Anonymous さん : 2016年05月09日)

八戸蕪島にウミネコ飛来

八戸市の蕪島にウミネコが帰ってきた。去年11月に蕪嶋神社が全焼して影響が心配されたが、島はにぎやかな鳴き声に包まれて訪れた人たちも安心していた。ウミネコはこれから次々に飛来し、島が菜の花に覆われる5月にはヒナの誕生シーズンを迎える。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年03月05日)

<ウミネコ>産卵、シーズンピーク 八戸・蕪島

 ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている八戸市鮫町の蕪島で、ウミネコの産卵シーズンのピークを迎えている。5月中旬ごろから多数のヒナが誕生。7月にはヒナも巣立ち、離島を始めるという。

(投稿者 Anonymous さん : 2015年04月30日)

八戸種差海岸にインフォメーションセンター

 八戸市の種差海岸天然芝生地前(八戸市大字鮫町)に7月12日、種差海岸インフォメーションセンターと種差海岸休憩所がオープンする。

 隣接する同休憩所は木造平屋建てで建坪は約40坪。同海岸の利用の促進と利用者の快適性向上のために八戸市が整備をすすめてきた。所内には休憩スペースや売店などが設置され軽食メニューなども提供する。

http://hachinohe.keizai.biz/headline/257/

(投稿者 Anonymous さん : 2014年07月10日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。(urlはそのまま貼り付けてください。タグ化する必要はありません。)




トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ