⇐戻る
投稿へ

名号湯(青根温泉)

/ e)白石・青根・鎌先・小原・宮城県南の宿 / 宮城県

  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5

宮城県柴田郡川崎町青根温泉4-6 TEL.名号湯

コメント :投稿数 (4)

[cid:23436]このurl

「じゃらん」から貸し切り入浴の予約が出来ます。


隣の名号館は名号Hyggeとして現在は営業中。
10時~14時
https://aoneonsen.jp/

名号館時代とはオーナーが代わっていますが、お湯も浴室も以前と一緒です。

([4] 投稿者 ごまちゃん さん : 2022年06月19日)

[cid:23336]このurl

通常1人1,000円~(1回50分)
毎月16日、26日はお風呂の日価格(土曜、日曜、祝日除外)
定員:1名~4名
駐車は、青根洋館

([3] 投稿者 Anonymous さん : 2022年06月12日)

[cid:20898]このurl

流辿にて貸切専用@900円で受付をしているようです。
岡崎旅館の館内見取図を見ると、公衆浴場となる前は岡崎旅館の自炊棟の浴場だったようですね。
青根で日帰りをやっているのは、じゃっぽの湯以外だと流辿(@650円)と岡崎旅館(@500円)だけになってしまい、寂しい限りです。

([2] 投稿者 この辺の湯トラベラー さん : 2020年07月12日)

[cid:20893]このurl

「名号湯」復活

 宮城県川崎町の青根温泉で2006年に閉鎖された「名号湯(みょうごうのゆ)」が、14年ぶりに復活した。青根温泉旅館組合の原太一郎組合長(38)が今年2月、源泉の原状回復工事を進め、利用を再開した。

 名号湯は洋館風の外観が特徴で床面積約50平方メートル。3、4人ずつ入浴できる浴場が2室あり、6カ所の源泉をブレンドした弱アルカリ性の掛け流しの湯を楽しめる。温泉の宿泊客らに1組50分で貸し出している。

源泉が近く非常に質の良い温泉。

([1] 投稿者 Anonymous さん : 2020年07月10日)

page: 1

コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help






© 東北の旅ログ