投稿へ 戻る

Jヴィレッジ(福島・楢葉町)

/ 南相馬市・浜通りの宿 / 福島県
  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)
福島県双葉郡楢葉町山田岡美ツ森8 TEL.0240-26-0111

コメント :投稿数 (4)

Jヴィレッジ再始動 予想超す宿泊予約

 敷地内でひときわ目を引くのはセンター棟わきにそびえる新宿泊棟だ。一部八階建ての建物にシングルルームを中心に百十七室と最大約三百人収容のコンベンションホール、展望大浴場などを備える。新生・Jヴィレッジの目玉の一つとして整備された。

http://www.minpo.jp/news/detail/2018071553283

(投稿者 Anonymous さん : 2018年07月15日)

20年東京五輪代表、強化拠点は福島のJヴィレッジに

 2020年東京五輪のサッカーの男女日本代表が、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」に強化拠点を置くことが30日、分かった。日本サッカー協会によると大会の事前合宿などに使用する計画で、昨年12月の理事会で方針が固まった。

 東京電力が福島第1原発事故の対応拠点としているJヴィレッジは、19年4月の全面再開を目指し、全天候型サッカー練習場や宿泊施設を新設する予定。日本協会は福島県などと復興プロジェクト委員会を組織し、再生計画を進めてきた。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/01/30/kiji/K20160130011950630.html

(投稿者 Anonymous さん : 2016年01月31日)

「Jヴィレッジ」18年再開表明

 東京電力の広瀬直己社長は8日、県庁で会談した佐藤雄平知事に対し、福島第1原発事故の対応拠点となっているJヴィレッジ(楢葉、広野町)について、2018(平成30)年をめどにサッカー用トレーニング施設として使用再開できるよう整備する方針を正式に伝えた。
 広瀬社長は、20年に東京五輪が開催されるのを踏まえ「18年ごろまでに、東京五輪で活用できるよう明確な目標を持って(再開に向けた整備を)進めていく」と述べた。会談後、報道陣にも「東京五輪の1、2年前には使うことができるよう整備したい」と強調した。

(投稿者 づんつぁマン さん : 2014年01月09日)

Jヴィレッジ総料理長がサッカー日本代表に同行

サッカーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、Jヴィレッジ(福島県楢葉・広野町)総料理長の西芳照さん(48)が日本代表を食事面でサポートすることになった。前回のドイツ大会に続くW杯“参戦”で、県産米などを持ち込むほか、開催地の気候に合わせ、鉄分の多いメニューで選手の体調管理に当たる。日本代表が決まった10日、「ベストを尽くせるように」と決意を新たにした。

(投稿者 ニュースウォッチャー さん : 2010年05月12日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help




トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ