投稿へ 戻る

那須屋旅館(福島・矢祭町)

/ 白河市・西郷村・新甲子の宿
  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)
福島県東白川郡矢祭町大字東舘字舘本46-1 TEL.0247-46-2010

コメント :投稿数 (3)

旅館那須屋の者です。毎度ご利用ありがとうございます。
また、温かいコメントありがとうございました。半世紀以上、私達那須屋旅館は創業100年以上になります。
歴史ある、自然に恵まれた矢祭町で、そして温かい皆様のおかげでここまでやってこれたのだと思います。誠に感謝申し上げます。
旅館には一部昭和初期に建てられた書院造り風の建築物が保存され、今なお多くのお客様に親しまれております。また、家族的雰囲気な中で郷土料理もお楽しみ頂けます。
これからもお客様のニーズに合わせ、そして更なる歴史を築いて参りたいと思います。どうぞ、矢祭町にお立ち寄りの際には旅館那須屋をどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様を温かく御出迎えすることをお約束いたします。
ありがとうございました。

(投稿者 那須屋 さん : 2008年01月28日)

TBされていた「半世紀前の那須屋」、読んでみました。いま、あんな旅館があったらぜひとも泊まってみたいものです。

(投稿者 いるか さん : 2006年05月31日)

まさかこんなものがあるとは、驚きです。
那須屋旅館がどんな旅館なのかはTBをご覧ください。ただし半世紀近くも前の那須屋です。

(投稿者 郷秋 さん : 2006年04月28日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。(urlはそのまま貼り付けてください。タグ化する必要はありません。)




トラックバック

» 遠い記憶(その四・最終回) from 郷秋の独り言
 漬物も遠く美味い記憶の一つである。漬物小屋には大きな樽や甕にたっぷりと白菜やら梅が漬け込んであった。都会からの泊り客が美味いからとお替りすれば、どんぶり...
 (トラックバック時刻: 2006年04月28日 10:56)


» 遠い記憶(その三) from 郷秋の独り言
 小学校三年になるまで住んでいた白河から、東舘まではバスと汽車とを使って行く。バスは国鉄バス「白棚線」である。この白棚線、戦前は汽車が走っていたそうだが、...
 (トラックバック時刻: 2006年04月28日 10:56)


» 遠い記憶(その二) from 郷秋の独り言
 子供の頃、彼岸や夏休みに泊まりに行くと、この二階の一番手前の部屋に泊まったものであった。南側には、やはり磨かれ黒光りする長い廊下が続くが、廊下には窓はな...
 (トラックバック時刻: 2006年04月28日 10:54)


» 遠い記憶(その一) from 郷秋の独り言
 私の父の実家は福島県最南端にある、最近では「住基ネット離脱」や「合併拒否宣言」で、はからずもちょっと有名になってしまった町にある。なぜこんなことで有名に...
 (トラックバック時刻: 2006年04月28日 10:53)


現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ