投稿へ 戻る

櫟平ホテル(岳温泉)

/ 岳温泉・田村・三春の宿 / 福島県
  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)
福島県二本松市岳温泉2-8 TEL.0243-24-2626

コメント :投稿数 (4)

岳温泉・櫟平ホテル「破産」

 二本松市岳温泉で「櫟平(くぬぎだいら)ホテル」を経営する泉屋旅館は、福島地裁から破産手続きの開始決定を受けたことが24日、関係者への取材で分かった。決定は24日付。負債額は約4億円で、従業員約50人は12日に全員解雇した。

(投稿者 Anonymous さん : 2020年04月25日)

詩人・和合さん講演 岳温泉「あだたら万遊博」

 二本松市岳温泉で催されている第14回あだたら万遊博~おかみと過ごすひな祭りは28日、詩人の和合亮一さんの特別講演会が櫟平(くぬぎだいら)ホテルで開かれた。
 岳温泉おかみ会「かたかごの会」と岳温泉観光協会の女性組織「あだたらすみれ会」の主催、福島民報社の特別協賛。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年02月29日)

2月27日から万遊博 柳美里氏ら講師多彩 利き酒やネイル体験も 岳温泉

 二本松市岳温泉で講演や利き酒を楽しむ第14回あだたら万遊博~おかみと過ごすひな祭りは2月27日から29日まで開かれる。「水」をテーマに多彩な催しを繰り広げる。

 3日間にわたる特別講演会の初日は午後2時から、ながめの館光雲閣で開く。芥川賞作家の柳美里氏が「ふたりとひとり」と題して語る。2日目の28日は午後2時から櫟平(くぬぎだいら)ホテルで開き、詩人の和合亮一氏が「言葉の橋を架けたい~朗読とともに~」をテーマに話す。最終日の29日は午後1時半から陽日の郷あづま館で催す。万遊博の「顔」として毎回講師を務める芥川賞作家の玄侑宗久氏が「鶴と亀の生き方」の演題で講演する。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年01月28日)

復興需要に人手追いつかず

 東日本大震災からの復興需要で県内経済は回復の兆しが見えている一方で、温泉旅館やコンビニエンスストアなどでは、需要増に見合った従業員が確保できない状況が続いている。

 温泉街の桜並木も満開になり、観光客でにぎわう二本松市岳温泉。温泉旅館の宿泊プランは夕・朝食付きの1泊2食が通例だが、櫟平ホテルは従業員が不足、一部プランを収益率が高くても人員が必要な夕食を取りやめ、朝食のみの1泊1食のプランに変えた。

(投稿者 づんつぁマン さん : 2012年04月30日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help




トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ