投稿へ 戻る

大鰐もやしラーメン(大鰐町)

/ グルメ / 青森県
  • Currently 3/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 3/5 (1 votes cast)


コメント :投稿数 (10)

大鰐温泉もやしがGI登録

 農林水産省は30日、地域特性を生かした農林水産品ブランドを保護する「地理的表示保護制度(GI)」の対象に、大鰐町で温泉熱を利用して栽培されている「大鰐温泉もやし」を追加登録したと発表した。

http://www.mutusinpou.co.jp/news/2020/03/59317.html

(投稿者 Anonymous さん : 2020年04月01日)

「大鰐温泉もやししゃぶしゃぶ御膳」が1周年

 「大鰐町地域交流センター鰐come(わにかむ)」(南津軽郡大鰐町)にある同店は、地域食材を使ったメニューを中心に提供する。「大鰐温泉もやししゃぶしゃぶ御膳」(1,600円)は、大鰐温泉もやしと県産豚のしゃぶしゃぶをメインに大鰐温泉もやしのみそ汁やおひたし、地鶏・青森シャモロックのそぼろ丼がセットになっている。

(投稿者 Anonymous さん : 2019年12月13日)

温泉もやし 料理多彩/鰐comeフェスタ25日まで

 青森県大鰐町の「大鰐温泉もやしフェスタ」が24日、町地域交流センター「鰐come」中庭で始まった。今月から収穫期を迎えている大鰐温泉もやしを使ったお好み焼きなど15種類の飲食物が提供され、多くの来場者が旬の味覚を楽しんだ。25日まで。

(投稿者 Anonymous さん : 2018年11月26日)

千原ジュニアが感動するほどハマっているご当地食材は「大鰐温泉もやし」

その男性が持ってきたもやしが「大鰐温泉もやし」。長さは約30センチもあり、ジュニアはしゃぶしゃぶで食べているという。「もやしを食べて感動することってないじゃないですか。これ初めて食べた時、めちゃくちゃうまくて」と興奮気味に話していた。

(投稿者 Anonymous さん : 2018年03月10日)

「大鰐温泉もやし」収穫本格化

 温泉熱を利用して栽培する大鰐町の冬の味覚「大鰐温泉もやし」の収穫が本格化している。通常のモヤシより細長く、シャキシャキとした歯ごたえが特徴。5月上旬にかけ、町内を中心に商店やスーパーなどで販売される。

(投稿者 Anonymous さん : 2014年11月21日)

名物添えたソフトクリーム好評/大鰐

 大鰐町の鰐comeで販売している、ソフトクリームに大鰐名物を添えたオリジナルスイーツ「わ」が口コミで広がり、大鰐をPRする商品として人気となっている。

(投稿者 Anonymous さん : 2014年08月16日)

大鰐もやし、いつの間にか通年栽培へ

大鰐町で藩政時代から栽培されている特産品「大鰐温泉もやし」の栽培施設への視察や取材が増えている。2013年度は町が新たに整備した栽培施設が通年で稼働し始めたこともあり、12年度の約2倍となった。

(投稿者 匿名希望 さん : 2014年04月15日)

大鰐温泉もやし御ひたし26日発売

 大鰐町名産の「大鰐温泉もやし」を使った新商品「大鰐温泉もやし御(お)ひたし」が26日から、大鰐町地域交流センター「鰐come(わにかむ)」売店や東京都の県産品アンテナショップ・あおもり北彩館東京店で販売される。開発したプロジェクトおおわに事業協同組合によると、同もやしを使った長期保存可能な商品は初めてという。同組合が25日、鰐comeで報道陣にお披露目した。

(投稿者 阿仁の鱒 さん : 2013年12月26日)

東京のアンテナショップで大鰐温泉もやしが静かな人気

 都内での流通は毎年11月下旬から3月まで。青森県のアンテナショップ「あおもり北彩館」では毎週金曜17時以降に30束が、1束(約300グラムg)420円で店頭に並ぶ。伊勢丹新宿店では週2~3回、それぞれ一度に20~30束ずつが入荷され、1束525円で販売されているという。

http://ichigaya.keizai.biz/headline/1532/

(投稿者 づんつぁマン さん : 2012年12月25日)

温泉モヤシの収穫盛ん

温泉の熱を利用して栽培する「温泉モヤシ」の収穫が大鰐町で盛んに行われています。
「大鰐温泉モヤシ」は、地中を通る温泉の熱を利用して栽培され、歯ごたえのよさや独特の香りが人気です。
かつては津軽藩主にも献上されていました。
大鰐町虹貝の山崎光司さんの農業用ハウスでは、先月から、温泉モヤシの収穫が盛んに行われています。
山崎さんは土の上に敷きつめられたわらを取り除き、「室」の中で長さ30センチほどに成長したモヤシの束を収穫していました。
このあと温泉水でモヤシを洗い、町の地域交流センターに向けて出荷するということです。
山崎さんは、「ことしは夏場が暑かったので心配しましたが、順調に育ってよかったです。大鰐町の伝統野菜なので多くの人に食べてほしいです」と話していました。温泉モヤシの収穫は来年春まで続きます。

(投稿者 ニュースウォッチャー さん : 2010年12月17日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help






(C) 東北の旅ログ