投稿へ 戻る

銀山温泉・共同浴場

/ 日帰り温泉
  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)


コメント :投稿数 (9)

撮りたい、が若者消費の原動力 インスタでヒット発火

 旅行情報サイト「じゃらん」や、阪急交通社が発表した、昨年の温泉地名検索数ランキング。箱根(神奈川県)など名だたる温泉を抑え1位になったのは、山形県の山奥にある秘湯、銀山温泉だった。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO26731430Z00C18A2KNTP00?channel=DF160120183383

(投稿者 Anonymous さん : 2018年02月26日)

16年度に観光客が急増し、約38万7000人が訪れた。要因は外国人観光客だ。尾花沢市商工観光課によると、「TV撮影などの外国メディア、エージェント、ブロガーなどの受け入れを積極的に行ったため、外国人観光客数は2年で約3倍に増加した」という。

 銀山温泉は、Wi-Fi整備や外国人向け観光アプリへの情報掲載、2次元(QR)コードを使った音声ガイド、外国語パンフレットの作成などにチカラを入れている。一見古びた旅館でも、施設内では英語や中国語での案内が充実していることに驚く。大正レトロな街並みとは対照的に、海外からの観光客を受け入れる態勢ができているのだ。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1802/02/news023.html

(投稿者 Anonymous さん : 2018年02月02日)

阪急交通社が、2017年に検索された温泉地名のランキングを発表。全国の有名温泉地の中から選ばれた上位10ヶ所の温泉が決定した。

箱根、草津といった人気どころを抑え、1位に輝いた山形県尾花沢市の銀山温泉は、まるで大正時代にタイムスリップしたかのような、ノスタルジックな雰囲気で人気の温泉地。ガス灯のあかりが木造の宿に映え、ドラマやアニメの舞台となることも多く、近頃フォトジェニックな温泉地として各メディアでもよく取り上げられるようになったことが、首位に選ばれた要因として推測される。

https://travel.mdpr.jp/travel/detail/1735646

(投稿者 Anonymous さん : 2017年12月22日)

銀山温泉の観光拠点「大正ろまん館」オープン

 尾花沢市の銀山温泉近くに17日、新たな観光拠点「大正ろまん館」がオープンした。大型駐車場を備えた休憩スポットで、駐車場不足が悩みだった温泉街は集客力アップを期待する。

 市内の菓子製造・土産販売の明友(西塚義治社長)が国補助金を受け、1億7000万円で整備した。温泉街手前1.5キロの敷地(約8500平方メートル)に大型バス20台、乗用車100台分の駐車場を確保。本館で菓子類や農産物を販売し、レストランでは地元食材を使った食事を提供する。
 式典で西塚社長(75)は「国道347号の通年通行を来年に控え、宮城とさらなる交流が期待される。駐車場不足を解消し、観光の拠点にしたい」と述べた。

(投稿者 Anonymous さん : 2015年10月18日)

銀山温泉の注目度、急上昇 県のフェイスブックにアクセス6万超

 県がフェイスブックに載せた銀山温泉(尾花沢市)の写真に年末にかけ6万を超えるアクセスが集まり、県庁内で話題になっている。吉村美栄子知事がサクランボのかぶり物を着けた時や、山形中央高野球部が甲子園で活躍した時をしのぐ勢いで、背景には、あの人気アイドルグループとの関係もささやかれるが…。

 パンフレットは「観光立国ナビゲーター」に就任している人気グループ「嵐」が表紙を飾り、黒子姿のメンバーのバックにはガス灯に浮かぶ銀山温泉の夜景が写っている。英語、中国語、韓国語で30万部作られ、各国の旅行会社、国際旅行博などで配られた。

 「銀山温泉」の表記はないが「同じ街並みを見つけ、多くの人がアクセスしたのではないか」「銀山の知名度と、アジアでの『嵐』人気が相乗効果を生んだのでは」と、県幹部らはアクセス急上昇の背景を分析する。

(投稿者 Anonymous さん : 2015年01月09日)

雪さん、よしさん
情報ありがとうございました。

(投稿者 ぞう さん : 2010年04月30日)

透明なお湯で、
誰も利用した感じが無く47度は有りました。
汗が止まらずダルさが・・・

大変良いお湯でした。


¥300に値上がりしてましたよ♪

(投稿者 よし さん : 2010年04月30日)

足湯ができたんですよ!

(投稿者 雪 さん : 2006年08月08日)

いつも参考にさせてもらっています。秋田の里帰りついでに、銀山に立ち寄ってきました。大湯の共同温泉ですが、入ってきました!朝8時から夜8時まで開放されてます。現在は入浴料200円になってました。確かに壁を隔ててトイレがあるのですが、壁結構厚みあり、トイレも清潔で臭いません。浴場が低い位置にあり、トイレからは離れています。反対側の上に換気窓があるのですっきりとしていました。ただ、謎のホースが水道から引かれていたのが気になりましたが、入ってみてわかります。熱湯と間違えるほど熱いです。大量に水を出して、体に巻きつけ湯に入らなければなりません。よく見たら裏が源泉で、直引きでした。でも、田舎の大胆でおおらかな感じが、笑えるいいお湯でした。

(投稿者 雪 さん : 2006年08月08日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help




トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ