投稿へ 戻る

奥入瀬渓流ホテル(青森・十和田)

/ 十和田・八甲田の宿 / 青森県
  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)
青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231 TEL.0570-073-022

コメント :投稿数 (4)

レストラン15日オープン/奥入瀬渓流ホテル

 十和田市奥瀬栃久保の星野リゾート「奥入瀬渓流ホテル」は15日、冬期休業を終え営業を再開するのに合わせ、ホテル内に二つのレストランをオープンする。中でもビュッフェ形式の「青森りんごキッチン」は県産リンゴにこだわった料理としつらえが特徴。14日、内覧会が開かれた。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20160414012439.asp

(投稿者 Anonymous さん : 2016年04月15日)

4月15日【奥入瀬渓流ホテル】りんごの魅力をまるごと味わう「青森りんごキッチン」オープン

4月15日、青森県・奥入瀬渓流のほとりに建つ「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」に、りんごの魅力をまるごと味わう「青森りんごキッチン」が新しくオープンいたします。

https://www.value-press.com/pressrelease/155360

(投稿者 Anonymous さん : 2016年01月16日)

青森県・自然と同化した“見えないベンチ”などが登場する「奥入瀬紅葉ミュージアム」

株式会社星野リゾートによる星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルでは、2015年10月1日(木)から11月24日(火)まで「奥入瀬紅葉ミュージアム」を開催する。秋の風物詩である紅葉を食やアートで楽しめるイベントで、紅葉の時期だけにオープンする“体感型美術館”となっている。

http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/42664/

(投稿者 Anonymous さん : 2015年09月30日)

リンゴ千個湯船にぷかり 奥入瀬渓流ホテル

 千個のリンゴでおもてなし―。十和田市の焼山地区で営業している奥入瀬渓流ホテル(山下圭三総支配人)は11月の毎週土・日曜日、同ホテルの東館大浴場で、県産リンゴ千個を湯船に浮かべるイベントを実施する。
 千個のリンゴを使うのは同ホテルで初の試み。「香り湯」の企画として10月はほぼ毎日、約200個のリンゴを浴槽に浮かべていたが、11月に県内でリンゴの収穫が本格化することから今回増量に踏み切った。
 男湯と女湯にそれぞれ、津軽地方のリンゴ千個を投入。入浴客に〝青森らしさ〟を強烈にアピールする狙いがある。
 一方、同月の土・日以外は、県産ヒバの木片約40枚を使った「ひば湯」を実施する。
 清掃時間を除き、宿泊客は無料で24時間、入浴可能。日帰り客は1人600円で、午前9時~午後9時まで利用できる。
 同ホテルは「日本一の青森リンゴと、八甲田の良質の温泉との組み合わせを楽しんでほしい」とPRしている。

(投稿者 ニュースウォッチャー さん : 2010年11月05日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help




トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ