投稿へ 戻る

天平ろまん館(涌谷町)

/ グルメ / 宮城県
  • Currently 3/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 3/5 (1 votes cast)


コメント :投稿数 (4)

<日本遺産>みちのくGOLD浪漫

 岩手、宮城両県の5市町が金を通して歴史や文化を伝える「みちのくGOLD浪漫(ろまん)」が日本遺産の認定を受けた20日、宮城県涌谷町では、町役場や町施設に垂れ幕を掲げるなど、祝賀ムードに包まれた。

(投稿者 Anonymous さん : 2019年05月21日)

涌谷で「みちのくの金」展

 宮城県北部から岩手県南部にかけての産金の歴史をひもとく「一粒の砂金から始まった“みちのく”の金」展(宮城県涌谷町、町地域振興公社主催)が、涌谷町の天平ろまん館で開かれている。6月24日まで。

 入場料は一般500円、小中高校生200円。午前9時半~午後5時(3月末まで午後4時半)。

(投稿者 Anonymous さん : 2018年03月24日)

生薬生かし町づくり ハトムギ茶お試しあれ

 宮城県涌谷町は15日、町内産ハトムギのみを使った「城山の金さんのはと麦茶」を発売する。生薬を生かした町づくり事業の一環として企画。気軽に飲めるお茶をPRし、町の健康づくりをアピールする。
 原料のハトムギは町内の農業生産法人が栽培し、昨秋収穫した「はとゆたか」約380キロを使用。富山県の業者に委託し、500ミリリットル入りペットボトル2万本を製造した。事業費は約200万円。国の地方創生先行型交付金を活用した。商品名の「城山の金さん」は町の公式キャラクター。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年03月15日)

<いちおし土産>小ネギ加工品

 涌谷町は関東以北最大の小ネギ産地だ。特産品をPRしようと、小ネギをドレッシング、みそ、チーズと合わせ、ユニークな味わい方を提案した。
 発売は昨年4月。原料の小ネギは農場でハウス栽培している。開発を主導した氏家敦子さん(35)は「小ネギは白ネギに比べ、ビタミンCやカルシウム、カロテンを多く含み、栄養バランスのいい緑黄色野菜なんです」とアピールする。

町内の天平ろまん館、仙台市青葉区の地産地消市場「仙台いろは」などで販売。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年02月13日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help






(C) 東北の旅ログ