投稿へ 戻る

民宿はるかぜ(田沢湖高原温泉)

/ 田沢湖高原・水沢温泉・乳頭温泉の宿
  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)
秋田県仙北市田沢湖町生保内字駒ケ岳2-68 TEL.0187-46-2880

コメント :投稿数 (9)

先日は3人でお世話になりました。
また客はうちらだけでしたが、その分ゆっくりと温泉を味わうことができました。ほかの2人は初めてでしたが、硫黄の温泉は最高!と言っていました。

次は冬にまた一人で行きたいと思います。

(投稿者 けんた さん : 2011年09月26日)

前日に田沢湖町での仕事を控え宿泊宿をネットで探していて
料金がまず目に入りました。とてもリーズナブル!
念願の硫黄温泉、思ったより広く清潔感のある温泉でした。
それにとても美味しくて量もハンパじゃあない、夕飯と朝食でした。機会があったらまたぜひ行きたい温泉です。

(投稿者 ケンタ さん : 2011年05月03日)

オーナーチェンジにより、民宿はるかぜになりました。

(投稿者 サイト管理人 さん : 2010年12月07日)

秋駒山荘にいます。飛び石連休の1泊2日の旅です。宿泊客はまた私1人。おいしいくて量もたっぷりの夕食とにごり湯の温泉を堪能しました。GWには宿泊客がいっぱいになります様に。

(投稿者 k2fuji さん : 2008年03月23日)

1/4~1/6と2泊3日してきました。
ちょっと熱めの硫黄泉は最高で,夕食もいつものとおりおいしかったのですが,また客は私一人。
秋駒山荘ファンの皆様,もっと泊まりに行きましょう!

(投稿者 k2fuji さん : 2008年01月06日)

何度か宿泊しました。白濁する前の新鮮なかけ流しの湯は周辺の温泉宿の中でもベストだと思います。温泉の質にこだわる方におすすめです。

(投稿者 ろくさん さん : 2007年11月14日)

11月10日(土)に1泊しました。たぶん3回目です。残念ながら宿泊者は私1人。
サービス一杯の地産地消の食事と,いい温泉ですので,(セルフ布団敷きと歯ブラシ・ひげそりなし/言えば出るのかも/ですが)もっと泊まりに来て欲しいです。

(投稿者 k2fuji さん : 2007年11月13日)

困ったことになりました。こんなに気に入って旅行の起点に利用していた秋駒山荘を主人の平沢さんがやめたいと言い出したのです。旅館を閉めるかもしれないというのです。その理由はやはり観光客の減少が続いている。旅館の前のスキー場が閉鎖になるなど、営業が成り立ちにくくなって来ている為のようです。確かに近所のペンションや旅館、ホテルも総じて集客数の現象で閉鎖するところもあるような様子です。でも此れだけ人気もあり、安くて評判の良い旅館がなくなるのは困るんですけど!!
全国の旅行好きの皆様ぜひお出かけ下さい。田沢湖周辺は本当に良いところです。秋駒山荘に泊まったことのある皆さん、もう一度是非お出かけ下さい。秋駒山荘が無くなると本当にもったいないのです。楽天の秋駒山荘の評判見てください。本当に良い評判なんですから、泊まって見て下さい。

(投稿者 石川 操 さん : 2007年03月30日)

田沢湖周辺は日本でも有数のレジャー観光スポットです。渓流の釣り場はもとより、スキー場が目の前にあり、雄大な駒ケ岳は自然観察の宝庫です。乳頭温泉を泉源とする田沢湖高原は良い温泉にも恵まれています。最近は秋駒山荘を定宿にしてよく出かけるようになりました。横浜から秋田は遠いのですが、車で行きます。約6.5時間です。時間に余裕が無いときは、新幹線を利用します。東京駅で朝7時台に乗ると11時前後には田沢湖に着いています。苦も無く行けます。新幹線の切符を購入時レンタカーを予約する割引サービスを利用して盛岡からは車を使うこともあります。割安感もありドライブも楽しい良い方法です。今は景気の低迷の為か観光客も少なく、どこもラッシュに遭遇することはありません。今が一番のチャンスの時期なのではないでしょうか。これだけの観光地だけに景気回復のおり、これから混雑が予想されます。秋駒山荘は、主人が一人でやっている小さな旅館ですが、旅館じみた食事ではなく、地物を主人風にアレンジした郷土料理でもてなしてくれ美味しい。この旅館の売りは、気さくで話の好きな人柄の良い主人かもしれません。温泉はかけ流し、木の香りのする風情ある風呂は、申し分のない楽しみです。私自身、川遊びや魚取り、山菜取り、駒ケ岳に登り、先日はそれは素晴らしい大曲の花火大会に行き、春は角館の桜見物など、くる都度、新しい楽しみを見つけて飽きることがありません。まだまだ行きたい、見たい、したい事が沢山あります。秋駒山荘の主人の平沢さんも都会暮らししていて、この場所を何度も訪れファンになり、移り住んでいる方だそうです。その気持ちよーく解ります。

(投稿者 石川 操 さん : 2006年08月30日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help




トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ