投稿へ 戻る

男鹿水族館GAO(男鹿市)

/ 観光旅行 / 秋田県
  • Currently 4/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 4/5 (1 votes cast)


コメント :投稿数 (10)

イルカの群れ、戸賀湾をスイスイ

 秋田県男鹿市の戸賀湾で28日、イルカ10頭ほどが群れで泳いでいるのが見つかった。男鹿水族館GAO(同市戸賀)によると、はっきりとした種類は不明だがバンドウイルカかミナミハンドウイルカとみられる。

https://www.sakigake.jp/news/article/20190829AK0001/

(投稿者 Anonymous さん : 2019年08月29日)

白いヤマメ人気 男鹿水族館GAO

 男鹿水族館GAOで、「白いヤマメ」がひそかに人気を呼んでいる。生まれつき体の色素細胞が欠乏した「アルビノ個体」とみられる。

 体長10センチ未満の幼魚で、大仙市の蓄養殖施設の管理者が9月中旬に、育成しているヤマメの中から発見し、寄贈した。2階「秋田の川コーナー」で展示されている。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年10月28日)

なまはげシャトル 定期運行開始

 秋田県や男鹿市観光協会などでつくる「男鹿の二次アクセス整備推進協議会」は、JR男鹿駅を起点に同市内の観光地を結ぶ定時制の乗り合いタクシー「なまはげシャトル」の定期運行を始めた。男鹿半島は路線バスの本数が少なく、鉄道で訪れた観光客の移動手段が限られることから企画した。
 男鹿水族館などを回る「なまはげ便」(1日3便)、日本海を眺めながら入道崎へ向かう「しろくま便」(2便)、主に男鹿温泉郷の宿泊客向けの「おんせん便」(1便)があり、いずれも男鹿駅発着。所要時間は片道がそれぞれ55分、1時間15分、40分。
 車両は、タクシーや小型バスなど利用人数に合わせて決める。運賃(1人)は男鹿水族館まで1500円、入道崎まで2500円など。小学生は半額。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年05月17日)

GW 天候で明暗 男鹿水族館に行列

 男鹿水族館GAO(男鹿市)では3〜5日、開館を通常より1時間半早めて午前7時半に、閉館を1時間延長し午後6時にした。3日は普段の休日の数倍にあたる約5000人が来館。4日も入館待ちの人々が列をつくり、館内でも肩が触れあうほど大勢の客でにぎわった。

http://mainichi.jp/articles/20160505/ddl/k05/040/076000c

(投稿者 Anonymous さん : 2016年05月06日)

なまはげダイバー、笑い誘う


魚たちにエサをやる「なまはげダイバー」=男鹿水族館GAO
 男鹿水族館GAO(男鹿市戸賀塩浜)の大水槽で3日、年末年始恒例の「なまはげダイバー」によるエサやりがあった。

 約20キロの衣装を着たなまはげダイバーが潜水すると、アオウミガメがエサをねだって離れない。その姿が来場者の笑いを誘っていた。大みそかに現れるなまはげには泣いて絶叫する子どもたちも、なまはげダイバーには笑顔。なまはげが水槽から上がろうとすると、「なまはげ、バイバイ」と手を振っていた。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年01月04日)

1月1日(金)〜3日(日)までの期間、現在中学3年生の方を対象に通常料金よりもかなりお得な下記特別入館券を販売します!

【中3限定!願いが叶う!?絵馬付入館券 250円】
間もなく迎える受験シーズン。GAOオリジナル絵馬に願いを託そう!

http://www.gao-aqua.jp/topics/detail.html?id=615

(投稿者 Anonymous さん : 2016年01月01日)

GAO新館でアシカ、アザラシ展示へ

 男鹿水族館GAO(男鹿市戸賀)に来月20日、アシカとアザラシを展示する新館「ひれあしs'館」がオープンする。陸上での餌やりや水中でのユーモラスな泳ぎを観察できる。展示されるカリフォルニアアシカ1頭とゴマフアザラシ4頭は現在、餌をもらう時のあいさつやジャンプなどを訓練している。

(投稿者 阿仁の鱒 さん : 2013年03月14日)

ホッキョクグマの子グマ生まれた

 クルミは24日朝、出産前からこもっていた産室を出て、子グマを連れ別の産室へ移動した。同館によると、現在もクルミは授乳を続け、子グマの鳴き声も聞こえているといい「生存している1頭の子育ては順調なようだ」としている。

(投稿者 づんつぁマン さん : 2012年12月27日)

「豪太」のお嫁さんが秋田に

男鹿水族館のホッキョクグマ豪太の花嫁、クルミが27日釧路市動物園から男鹿水族館に到着しました。
繁殖のため男鹿水族館が釧路市動物園から借りうけたメスのホッキョクグマのクルミは、26日の朝、釧路を出発しフェリーと大型トラックを使い、一日かけて男鹿水族館に到着しました。移動に付き添った男鹿水族館の飼育員によりますと移動中、クルミはおとなしく落ち着いた様子だったということです。男鹿水族館ではクルミが新しい環境に慣れるまでしばらくの間は豪太とは別の部屋で過ごさせ、その後、相性を見ながら同居させ、男鹿水族館として初めてとなるホッキョクグマの繁殖を目指すことにしています。
今後、クルミは展示用のスペースと寝室との間を移動する訓練などを行って、5月中旬には訪れた人たちに公開される予定だということです。

(投稿者 ニュースウォッチャー さん : 2011年04月28日)

水族館は外国人を呼べるコンテンツ!日本が世界一

水族館の数、日本が世界一って本当?

 世界の水族館数の資料に決め手はないが、各国の有力館の関係者が参加する国際水族館フォーラム(IAF)は計431館を確認する。国別トップは70館の日本で、61館の中国が次ぐ。最近では中国で急増、日本を抜いたとの観測もあるが、裏付けはとれない。

 「なぜ日本に多いのですか」。明日香はベルギーのIAF事務局に電子メールを送った。幹部のポール・ヴァン・デン・サンデさん(75)が答えた。「日本人は魚をよく食べ、海と関係が深いからじゃないかな」

(投稿者 すめあぐる さん : 2011年01月24日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help




トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ