投稿へ 戻る

碁石海岸(大船渡)

/ 観光旅行
  • Currently 3/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 3/5 (1 votes cast)


コメント :投稿数 (8)

碁石海岸でユリの”競演”

大船渡市の景勝地・碁石海岸は花の季節を迎え、遊歩道や海岸の斜面に咲いたヤマユリとスカシユリが訪れた人の目を楽しませています。三陸復興国立公園にも指定されている大船渡市末崎町の碁石海岸。その遊歩道沿いのアカマツ林の中に今月初旬から咲き始めたヤマユリが「今が盛り」と咲き誇っています。

どちらの花も見ごろの本番はこれからでともに来月中旬まで楽しむことができます。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年07月26日)

「大船渡さんまら~めん」完成 29日から市内で提供

 大船渡ブランド化推進会議は28日、大船渡市末崎町の碁石海岸レストハウスで「大船渡さんまら~めん NEOら~めん」の完成お披露目会を開いた。29日から同レストハウスで提供を始め、新たなご当地グルメとして売り出す。

 ラーメンは塩味で、名前の通りサンマがポイント。焼いた半身に、細かいすり身と粗いすり身を付けたサンマがのり、ツバキをイメージした梅干しとユズを添えた。2、3月に開いた試食会の意見を反映し、サンマにみそ味を付けるなど濃いめに仕上げた。

 5月10日からは同市末崎町の「ちぃぜる」、同市赤崎町の「宝介」、同市大船渡町の「萬来食堂」でもメニューに加える。各店とも850円(税込み)で限定10食。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年04月30日)

大船渡で話題の「椿クレープ」 GW「碁石海岸まつり」で限定復活

 大船渡市のクレープ店「ちっちゃなクレープ屋さん」(大船渡市盛町、090-8780-4744)の椿(つばき)クレープが、ゴールデンウイークに限定販売される。

 同店では今回、「碁石海岸観光まつり」が行われる5月4日・5日の2日間限定で同商品を用意。イベント会場の一つ「世界の椿館」(末崎町)で出張販売を行う。

 各日150個限定で、価格は400円。

http://sanriku.keizai.biz/headline/1247/

(投稿者 Anonymous さん : 2016年04月15日)

27日放送開始(3回続き)のNHK特集ドラマ「恋の三陸 列車コンで行こう!」

 大船渡ブランド化推進会議(斉藤俊明委員長)は18日、大船渡市末崎町の碁石海岸レストハウスで、「NEOさんまら~めん」の試食会を開いた。同市を舞台とし、27日放送開始(3回続き)のNHK特集ドラマ「恋の三陸 列車コンで行こう!」で登場するラーメン。改良を経て、放送期間中に市内で提供される。

 ラーメンは海鮮と鶏のスープがベース。焼いた半身に粗めのすり身、細かいすり身を付けた3層構造のサンマと、梅干しとユズでかたどったツバキ、大根おろしを添えたのが特徴だ。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年02月20日)

碁石観光まつり今年も 5月4、5日、催し多彩に

気仙のゴールデンウイーク恒例イベント「三陸・大船渡碁石海岸観光まつり」(同実行委主催)は5月4(日)、5(月)の両日、大船渡市末崎町の碁石海岸レストハウス前広場を主会場に開かれる。地元の食を中心とした各種コーナーをはじめ、16代目となるつばき娘のお披露目、前回好評だった市内の菓子店が味を競うスイーツグランプリ、穴通磯をめぐる船の運航など多彩な催しを用意。復興へ向かう大船渡の活力を発信する。

(投稿者 Anonymous さん : 2014年04月18日)

碁石海岸の再整備本格化 年度内完成へ起工式

 三陸復興国立公園指定を受けた大船渡市末崎町の碁石海岸で19日、環境省と県による園地やキャンプ場などの復旧再整備関連工事の着工式が開かれた。同省の「グリーン復興ビジョン」に基づき、案内所新築や展望台設置、キャンプ場の「防災型」化などを自然エネルギー活用もとり入れながら進めるもので、年度内の完成を目指す。

(投稿者 阿仁の鱒 さん : 2013年07月21日)

碁石海岸キャンプ場が開設 観光復興願う

 大船渡市末崎町の碁石海岸青少年キャンプ場の開設式は14日、同キャンプ場で行われ、関係者約30人が期間中の安全と観光復興を願った。

 開設式で、市観光物産協会の斉藤俊明会長は「観光客は今のところ皆無といっても過言ではない。一日も早い復興のために、このキャンプ場の役割に期待する」とあいさつした。

(投稿者 通行人 さん : 2011年07月15日)

つばきまつり開幕

大船渡市の世界の椿館で23日恒例の三陸・大船渡「つばきまつり」が開幕しました。
大船渡市の碁石海岸にある世界の椿館碁石はアメリカやイギリスなど13ヶ国の椿・450種類550本余りが集められています。
ことしも恒例の三陸・大船渡「つばきまつり」が始まり、23日は戸田市長らがテープにはさみをいれたあと、三味線の会の人たちが演奏を披露し、開幕を盛り上げました。
このシーズンは去年の猛暑の影響で花の咲き出しが1週間ほど遅れ、花をつけたのは全体の40%余りということです。
それでも、国内産を中心に色とりどりの花が、見物客の目を楽しませています。
世界の椿館碁石では、これから3月にかけて花の見頃を迎えるということです。
三陸・大船渡「つばきまつり」は3月27日まで開かれ3月19日と20日に開かれる全国椿サミットの協賛事業として一輪挿しの展示会などさまざまな行事が予定されています。

(投稿者 ニュースウォッチャー さん : 2011年01月23日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。(urlはそのまま貼り付けてください。タグ化する必要はありません。)




トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ