投稿へ 戻る

長沼ハス祭り(登米市)

/ 観光旅行 / 宮城県
  • Currently 2.5/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 2.5/5 (2 votes cast)


コメント :投稿数 (7)

<伊豆沼・内沼>生態系保全へハス刈り払い

 ラムサール条約登録湿地の伊豆沼・内沼(宮城県栗原市、登米市)でハスが繁殖しすぎ、沼水が低酸素状態になっている問題で、宮城県はハスの刈り払いを始めた。夏季は水生生物の生息に適さない過酷な環境になっていることが県伊豆沼・内沼環境保全財団の調査で分かり、はすまつり(実行委主催)が始まる20日までに5ヘクタールを刈り払う計画だ。

 財団によると、伊豆沼・内沼は水面387ヘクタールのうち約9割に当たる約340ヘクタールをハスの群落が覆い、沼水に大気中の酸素が溶け込みにくい状態になっている。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年07月07日)

日の出とともに見に行っても、よいらしいですね。
‥先ほどテレビで紹介されていたんですけど。

(投稿者 ぞう さん : 2015年11月08日)

気分は極楽浄土 伊豆沼・内沼でハス見頃

 ラムサール条約登録湿地の伊豆沼・内沼(栗原、登米市)で、ハスの花が見頃を迎えた。恒例の「はすまつり」(実行委員会主催)が始まり、県内外から訪れた大勢の観光客が遊覧船からの眺めを楽しんでいる。
 実行委によると、ことしは好天が続き、開花は例年より10日ほど早い。観光客は「極楽浄土ってこんな感じかしら」などと、ピンクの花を写真に収めていた。
 まつりは31日まで。遊覧船は伊豆沼は2カ所、内沼は1カ所から出ている。

(投稿者 Anonymous さん : 2015年08月05日)

伊豆沼・内沼 はすの花見ごろ

伊豆沼と内沼で
ははすの花が見ごろを迎えました。
冬の間はマガンやハクチョウなどの飛来地として知られる伊豆沼と内沼は夏は湖面一面に咲くはすの花の名所としても知られています。

(投稿者 Anonymous さん : 2014年08月02日)

1日から伊豆沼・内沼「はすまつり」

 【栗原支局】栗原市と登米市にまたがる伊豆沼、内沼ではハスの花が咲き始めた。8月1日から「はすまつり」が始まる。31日まで。「今年は暖かいせいか、例年より1週間から10日は開花が進んでいる」(栗原市田園観光課)という。

(投稿者 アイルトン さん : 2011年08月01日)

水上からハス眺めよう ボート、遊覧船の運航始まる

 宮城県登米市迫町の長沼で名物のハスの花を楽しんでもらおうと、手こぎボートの貸し出しと遊覧船の運航が始まった。
 ボートの貸し出しは近くのレストランの長沼ロッジ、遊覧船の運航は長沼漁協の組合員でつくる実行委員会がそれぞれ行う。ボートは大人2人乗りで、遊覧船は7、8人が乗り込める。
 ボートと遊覧船の利用は土日を中心に10月ごろまで。料金はボート(1時間)が1回1000円、遊覧船(30分)は1人1000円。利用は午前10時~午後4時。連絡先は阿部さん090(2601)5451。

 長沼はすまつりは、ハスの生育不良のため昨年に続き中止となった。ハスは例年、長沼全体の5割程度に花が咲くが、昨年は1割ぐらい。今年は2割程度と昨年と比べやや増えた。

(投稿者 ニュースウォッチャー さん : 2010年08月16日)

花咲かず、はすまつり中止…宮城「長沼」。伊豆沼はOK!

 宮城県登米市迫町の長沼で8月1日から予定されていた「長沼はすまつり」が、ハスの生育不良のため、中止されることになった。

 実行委員会が26日夜の総会で決めた。中止は昨年に続き2年連続。長沼から2~3キロ・メートル離れた「伊豆沼・内沼はすまつり」(8月1~31日)は予定通り実施される。

 長沼はすまつり事務局の市観光物産協会によると、ハスのつぼみは付いているが、26日現在ほとんど咲いていない状態という。昨年の生育不良を受け、専門家が湖底などを調査したが原因は分からなかったという。

 長沼では7月下旬からハスの花が咲き、最盛期には湖面320ヘクタールの約3分の1をハスが埋め尽くす。まつりは01年に始まり、約1万2000人の観光客が小舟でハスの間を遊覧する。

(投稿者 ニュースウォッチャー さん : 2010年07月28日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help




トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ