投稿へ 戻る

七代佐藤養助・総本店(湯沢市)

/ グルメ
  • Currently 4/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 4/5 (1 votes cast)


コメント :投稿数 (3)

佐藤養助商店、中華そばも出します

 稲庭うどん製造販売「佐藤養助商店」の旧本店(秋田県湯沢市稲庭町)をリニューアルしたレストラン「別館 養心庵」が14日オープンした。店内をバリアフリー化し、メニューに地元他社の商品を使った中華そばやカレーを加えるなど、連携による地域振興をコンセプトにしている。

https://www.sakigake.jp/news/article/20200414AK0032/

(投稿者 Anonymous さん : 2020年04月16日)

稲庭うどんの製法、テレビで10回は見ました。それが、かなりの通になったかと思えばそうでもなく、1回でけ見た人と変わらないですけど~。

(投稿者 ぞう さん : 2018年10月28日)

高級路線、佐藤養助の新店舗

 稲庭うどん製造販売の佐藤養助商店(佐藤正明社長)の新店舗「正心庵(しょうしんあん)」が8日、秋田県湯沢市稲庭町の総本店向かいにオープンする。飲食店舗はこれまでレストラン型で展開してきたが、新店舗は食材や作りたてにこだわり、カウンター8席のみの高級路線を意識した。8代目を務める佐藤社長(49)が職人として製造を手掛けたうどんを味わえる。

 新店舗は平屋建ての和建築で、店内からは日本庭園を眺められる造り。カウンター席では、料理人が揚げたての天ぷらや、ゆでたてのうどんを提供する。昼は季節の野菜天ぷらコース2千円(税別)、夜は3千円(同)からのコースを用意している。

https://www.sakigake.jp/news/article/20180807AK0010/

(投稿者 Anonymous さん : 2018年08月08日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。(urlはそのまま貼り付けてください。タグ化する必要はありません。)






(C) 東北の旅ログ