投稿へ 戻る

フレッシュマートたねや(高畠町)

/ グルメ / 山形県
  • Currently 3.5/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 3.5/5 (2 votes cast)


コメント :投稿数 (4)

マツタケ待ってた、4年ぶりの豊作に期待

 秋の味覚マツタケが、県内屈指の産地・高畠町でようやく出回り始めた。例年より2週間ほど遅く、長引いた残暑や8月以降の少雨が影響したとみられる。昨年まで3年連続の不作で地元では諦めムードが漂っていただけに、関係者は「天候に恵まれれば今月いっぱい収穫が続くのでは」と、4年ぶりの豊作に期待を込める。

https://www.yamagata-np.jp/news/202010/03/kj_2020100300049.php

([4] 投稿者 Anonymous さん : 2020年10月04日)

マツタケ不作

 秋の味覚マツタケが今年は不作だ。県内の主要産地である高畠町の直売所には例年より10日ほど遅れて登場したが、関係者によると入荷量はいつもの10分の1程度で、値段は2倍以上に跳ね上がっている。9月の雨不足が影響しているとみられ「ここ10年で一番悪い状況」と嘆いている。

 「マツタケありますか」―。置賜各地からマツタケを仕入れる同町上和田のフレッシュマートたねやを訪ねると、ひっきりなしに問い合わせの電話が鳴っていた。だが、店員の佐藤守重さんの表情は暗い。「品薄で発送は断っている。どうしようもない」とため息をついた。

([3] 投稿者 Anonymous さん : 2019年10月10日)

今年はマツタケの当たり年? 高畠・猛暑、降雨など絶好条件

 秋の味覚マツタケが、県内有数の産地・高畠町の直売店などに並び始めた。昨年は豊作予想から一転、不作となったが、今季は8月の猛暑、9月の降雨で絶好の生育環境だという。地元では「今年は出るぞ」との話が広がっており、2年ぶりの豊作に期待が高まる。ただ、マツタケは天候に左右されやすく、関係者は「生育条件に合う天気が続いてほしい」と天を仰ぐ。

 マツタケの生育には、日中と夜間の寒暖差に加え、適度な雨量が必要とされる。今年は記録的な猛暑が続いた上、9月に入ると急に涼しくなり、雨にも恵まれた。置賜各地から仕入れている「フレッシュマートたねや」の佐藤さんは、夏場の高温少雨で例年になく豊作に沸いた2010年を例に挙げ、「似た天候の今年は豊作が期待できそう」と語る。

([2] 投稿者 Anonymous さん : 2018年10月24日)

営業時間 8:00~20:00、年中無休 になっておりました。

([1] 投稿者 ぞう さん : 2018年10月23日)

page: 1

コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help






(C) 東北の旅ログ