投稿へ 戻る

山形のトピックス

/ 観光旅行
  • Currently 1/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 1/5 (1 votes cast)


コメント

サクランボ食べ放題の宿

 サクランボの食べ放題やバラ風呂の宿泊プランを半額で楽しめる、寒河江市の寒河江温泉協同組合(安孫子浩智理事長)の「『特×得』キャンペーン」が好評だ。7月11日までの期間限定だが、今月19日時点で既に想定の2千人を上回る3264人の予約があり、宿泊客数が例年並みまで回復する見込みだという。

https://www.yamagata-np.jp/news/202006/23/kj_2020062300506.php

(投稿者 Anonymous さん : 2020年06月25日)

規格外の旬の果物、注文殺到

 天童市の「やまがたさくらんぼファーム」。例年、規格外品は店頭で販売するが、客の来場が見込めないため4月下旬から2万8567円でインターネットで販売。6カ月で7回にわたりサクランボやモモなどが届くことで、果物狩りを疑似体験してもらう。

https://this.kiji.is/633026560290620513

(投稿者 Anonymous さん : 2020年05月13日)

コロナ:山形県が県民県内宿泊応援プラン 半額の5千円を補助

コロナウイルス感染防止対策や緊急経済対策として、山形県が4月30日に可決した313億円の補正予算に、「県民県内泊まって応援キャンペーン」と、「県民県内お出かけキャンペーン」事業費3億6千万円が計上された。

ただ、外出や県内の移動を促すことになるため、キャンペーンの対象期間や発売時期は、コロナウイルス感染症の状況を見ながら今後、慎重に判断する。

https://www.travelnews.co.jp/news/yado/20200503135334.html

(投稿者 Anonymous さん : 2020年05月05日)

宿泊料は労働で!さくらんぼの産地・山形で新たな農泊プランが登場

さくらんぼやラ・フランスなどの果物の収穫や、果樹園の管理作業・果物の箱詰め・出荷作業などを体験でき、農業体験をした時間が、参加者の宿泊料に充当される仕組みとなっている。

素泊まり1泊(食事なし)につき、約4時間の農業体験が目安となっており、1週間の滞在で休息日を3日ほど含めることも可能だ。

https://straightpress.jp/20200323/347905

(投稿者 Anonymous さん : 2020年03月25日)

蔵王への往復がおトクなETC割引プランが発売中

高速道路往復分のおトク度は、川口JCTから蔵王温泉スキー場の最寄りである山形上山ICまで山形道経由で往復した場合、ETC休日割引の普通車往復通行料金は1万2400円。プラン利用の方がおよそ2000円ほど割安になります。

https://www.excite.co.jp/news/article/Radiolife_37064/

(投稿者 Anonymous さん : 2020年01月03日)

東根のサクランボ観光果樹園がオープン 全国に先駆け、シーズン開幕

 東根市のサクランボ観光果樹園が22日開園し、全国に先駆けてサクランボ狩りシーズンが幕を開けた。

 市観光物産協会加盟の園地は25カ所。この日は温室栽培の10カ所のうち、5カ所が開園し、神町りんご研究所でオープニングセレモニーが行われた。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年04月23日)

華やかに「山形女子蕎麦」キャンペーン

 山形県内のそば屋28店が、それぞれ独自の女性向けセットメニューを提供するキャンペーン「やまがた女子蕎麦(そば)」が27日に始まる。26日は山形市内で試食会があり、招待された女性客らが舌鼓を打った。
 山形市七日町の「そば処庄司屋」に主婦や女子高生ら30人が招かれ「女子蕎麦セット」を味わった。ネギがたくさん入った南蛮そばに、炊き込みご飯やサラダなどが付き、1350円で提供される。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年02月27日)

「鶴岡のれん」と「るるぶ」が協力 64店舗が参加、宿泊プランも

 鶴岡の郷土料理や旬の食材を気軽に楽しめるイベント「鶴岡のれん冬」が13~28日、鶴岡市内の飲食店で行われる。宿泊予約サイト「るるぶトラベル」と初めてタイアップし、イベントで使えるチケットが付いた宿泊プランも企画。鶴岡のれんには過去最多の64店舗が参加し、寒ダラやアサツキ、ヤリイカなどを使った各店自慢の料理を提供する。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年02月13日)

割引クーポン配布、天童もっと満喫して 宿泊客向けに2000円分助成

 天童市内の観光をもっと楽しんでもらおうと、市と市観光物産協会は、宿泊客に対して1人当たり2千円を上限に、お土産代や食事代の2分の1を助成する「てんどう満喫割引クーポン」事業をスタートさせた。宿泊施設内の売店のほか、市内の飲食店、菓子店、スキー場など54カ所で利用でき、市内周遊を促していく。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年01月31日)

蔵王の樹氷ライトアップ始まる

 山形市の蔵王温泉スキー場・蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅付近で26日、樹氷のライトアップが始まった。

 ライトアップは、来年2月28日までの間に50日間予定されている。26日から1月3日までは連日行われる。午後5時から同9時まで(上りロープウエーの最終は午後7時50分)。

 29日からは、樹氷高原駅周辺の夜の樹氷を雪上車で楽しむ予約制のツアーも計画されている。

(投稿者 Anonymous さん : 2015年12月27日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。(urlはそのまま貼り付けてください。タグ化する必要はありません。)






(C) 東北の旅ログ