投稿へ 戻る

福島のトピックス

/ 観光旅行 / 福島県
  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)


コメント :投稿数 (23)

福島県、観光業界回復ヘプレミアム旅行券

 福島県は19日、東京電力福島第1原発事故の影響で低迷する観光業界の回復を図るため、6月1日に発売するプレミアム付き旅行券の発売期間と利用できる宿泊施設を発表した。
 コンビニエンスストア大手5社の情報端末で販売する宿泊券と、インターネットの大手宿泊予約サイトで発行されるクーポンがある。
 宿泊券は額面1万円と6000円の2種類が半額で購入できる。1人1泊ごとに1枚、一つの宿泊施設では2連泊までの制限がある。19日現在、県内のホテルなど632施設と福島県でのツアーを企画する県内外の旅行会社166社が登録している。6月1日~8月30日、8月31日~11月30日、12月1日~2016年2月29日に分けて発売する。
 クーポンは楽天トラベルなど四つの宿泊サイトで県内の宿泊施設を予約する際、宿泊代金に応じ最大1万円の割引が受けられる。1回の予約につき1枚利用できる。販売、割引適用期間はサイトによって異なり、それぞれ3期に分かれる。クーポンはサイトに登録された延べ1570施設のほとんどで利用できる。

([3] 投稿者 Anonymous さん : 2015年05月20日)

福島県、教育旅行誘致へバス経費を補助

 福島県はこのほど、県内で教育旅行を行う県外の学校に対し、バス経費の一部を補助する取り組みを始めた。教育旅行は東日本大震災と福島第1原発事故の影響を受け、大幅な減少が続いている。補助金施策により、震災後同県で教育旅行を行っていない学校などを誘致したい考えだ。

 対象となるのは県内で教育旅行を今年度中に実施、終了する、県外の小・中・高校。震災後初めて宿泊を伴う教育旅行を行う学校については、バス1台当たり経費の2分の1、上限5万円、1学校当たり上限20万円を補助する。

http://www.kankokeizai.com/backnumber/15/04_25/chiiki_kanko.html#01

([2] 投稿者 Anonymous さん : 2015年04月29日)

宿泊施設の料金割引 北塩原村が1日から補助券発売

 東京電力福島第一原発事故で減った宿泊客の回復を目指す北塩原村は、5月1日から村内宿泊施設の宿泊料金を割り引く補助券を発売する。
 昨年より補助率を上げ、5千円分の補助券を2500円で購入できる。6月発売の県の「福が満開、福のしま。旅行事業券」と併用可能。村内のホテルや旅館など約70施設で利用できる。全国のコンビニエンスストアのチケット端末で販売する。
 利用期間は5月から9月までと、10月中旬から来年3月下旬まで。問い合わせは裏磐梯観光協会
 電話0241(32)2349へ。

([1] 投稿者 Anonymous さん : 2015年04月29日)

page: 前の5件 1  2  3

コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help






(C) 東北の旅ログ