⇐戻る
投稿へ

三関せり(道の駅おがち「小町の郷」・菜菜こまち)

/ グルメ / 秋田県

  • Currently 4/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 4/5

秋田県湯沢市小野字橋本90番地 TEL.0183-52-5525

コメント :投稿数 (11)

[cid:22292]このurl

北秋田市では夏セリの収穫が本格化

 秋田県北秋田市では、秋田県内でも珍しい夏場のセリの出荷が始まっていて、生産農家が収穫作業に汗を流している。 こちらの地区は冷たい清流に恵まれ、夏場でも日差しをほどよく遮られる立地であることから、夏場のセリの栽培に適しているとされる。

 夏セリの収穫は9月ごろまで続き、北秋田市の道の駅のほか、大館市や秋田市のスーパーなどで販売される。

https://www.akt.co.jp/news?sel=20210720-00000003-AKT-1

([11] 投稿者 Anonymous さん : 2021年07月21日)

[cid:21799]このurl

三関せり、いぶりがっこ入りお茶漬け

 秋田県湯沢市の菓子製造販売「くらた」は、同市産のいぶりがっことセリを使ったお茶漬けのもと「いぶりがっこせり茶漬け」を開発、販売している。

 がっこや市の特産品「三関せり」を乾燥させて使用。ご飯に振りかけ、お湯をかければ食べられる。1缶7食入りで690円。くらたの県内14店舗で売り出している。

([10] 投稿者 Anonymous さん : 2021年01月19日)

[cid:20715]このurl

道の駅おがち、来月6日まで休業

 秋田県湯沢市小野の「道の駅おがち」は15日、新型コロナウイルスの影響による市有施設の閉鎖に伴い、同日から来月6日まで臨時休業とした。

([9] 投稿者 Anonymous さん : 2020年04月17日)

[cid:20567]このurl

セリはポリ袋に入れて、立てて保存すると良いそうです。NHKで紹介されていました。

([8] 投稿者 ぞう さん : 2020年02月15日)

[cid:20154]このurl

販売額1億円達成

 三関地区のセリ栽培は江戸時代に始まった。市史に掲載されている「三関村農会誌」によると、当初は、せきの傍らに生えていた天然物を食べていたが、次第に採れなくなり栽培するようになったという。出荷組合の奥山優一組合長(64)は「(貧しい農村のため)昔は嫁に出すなと言われた地域。それが今では冬のセリ、夏のサクランボと、いい循環で営農ができるようになった。先人のおかげ」と感謝を口にする。

([7] 投稿者 Anonymous さん : 2019年04月16日)

[cid:20014]このurl

ふるさと納税で起業家支援 湯沢市、第1号はセリ通年栽培

 秋田県湯沢市は、ふるさと納税の寄付金を使い、市内の起業家を支援する取り組みを始めた。

([6] 投稿者 Anonymous さん : 2018年10月22日)

[cid:19648]このurl

地元では「せり焼き」なる料理が食べられているそうで、これが何故か焼いてはいないんだと‥。

https://cookpad.com/recipe/3462527

([5] 投稿者 ぞう さん : 2018年02月01日)

[cid:19609]このurl

佐々木希、農作業姿を披露するも「何着ててもかわいい」と絶賛の声

 地元・秋田で、セリの収穫を手伝う様子を数枚の写真で公開した佐々木は、「セリだと日本一美味しいと思っている三関せり! 収穫をしに…秋田の綺麗な水と寒さの中で育つセリは本当に美味しいです! 根っこ食べたいな〜」と、収穫したセリについて語っている。

([4] 投稿者 Anonymous さん : 2018年01月01日)

[cid:19526]このurl

秋田伝統野菜、消費拡大へ

 秋田市の台所、市民市場(秋田市中通4丁目)の青果店「あいば商店」は旬の伝統野菜を積極的に扱っている。今月上旬には、きりたんぽ鍋に欠かせない湯沢市の「三関(みつせき)せり」、甘味の強い横手市の「山内(さんない)にんじん」、日本一辛いとされる鹿角市の「松館しぼり大根」など約10品目が並んだ。
 店主の相場百恵さん(29)は「伝統野菜は味や香りが強い。山内にんじんは加熱するとサツマイモのように甘くなる」と評価する。

([3] 投稿者 Anonymous さん : 2017年11月18日)

[cid:19355]このurl

先日、10月中旬に行ってみたところ、もう「三関せり」が売られておりましたよ。野菜も安く、リンゴも安く、いろいろ買ってしまいました。実は、バター餅はここで買いましてね~。

([2] 投稿者 ぞう さん : 2016年10月21日)

page: 1 2

コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help






© 東北の旅ログ