投稿へ 戻る

福島の温泉

/ 日帰り温泉 / 福島県
  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)


コメント :投稿数 (17)

「福島県民」の宿泊割引5,000円を補助します。

県民の皆様に、身近にある旅館・ホテルにお泊りいただき、 応援していただきますようお願いします。

https://www.tif.ne.jp/fukuyado/

「宿泊5000円補助」予約再開後に即日完売
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200606-505007.php

(No.1 投稿者 Anonymous さん : 2020年06月07日)

源泉で「野湯」体験の場 中ノ沢・沼尻温泉旅館組合が整備へ

 単独源泉として湯量日本一を誇る中ノ沢、沼尻両温泉(猪苗代町)の源泉「沼尻元湯」周辺エリアの整備が今月始まる。源泉管理のため使われている作業道を整備し、自然の中にある温泉「野湯」の楽しさを味わえる「エクストリーム温泉」として売り込む。

(No.2 投稿者 Anonymous さん : 2020年05月13日)

飯坂温泉の共同浴場時短営業 臨時休業も

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、福島市の飯坂温泉の共同浴場が19日から営業時間を短縮した。

 対象は鯖湖湯、切湯、八幡の湯、天王寺穴原湯、大門の湯、仙気の湯、十綱湯、導専の湯。いずれも時間は午前6時~同9時、午後4時~同8時。また、波来湯と日帰り温泉施設「もにわの湯」は臨時休業する。

(No.3 投稿者 Anonymous さん : 2020年04月26日)

土湯温泉観光協会は19日から、案内所のほか観光交流センター湯愛舞台、道の駅つちゆ、公衆浴場中之湯、湯楽座(売店とレストラン)を休館。期限は緊急事態宣言が解除されるまで。

飯坂温泉観光協会も17日から案内所の案内業務を休止中。

(No.4 投稿者 Anonymous さん : 2020年04月24日)

宿泊・飲食施設に営業自粛を要請 福島・檜枝岐村

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、福島県檜枝岐村は16日、村内の全ての宿泊・飲食施設に営業自粛を要請した。村観光課によると対象は約30事業所と公共の温泉3施設。期間は17日~5月22日で、おおむね受け入れる意向という。

https://www.kahoku.co.jp/special/spe1211/20200417_26.html

(No.5 投稿者 Anonymous さん : 2020年04月19日)

宿泊代から一泊当たり一人五千円割引き

 台風15号と19号の影響を受け、キャンセルが相次いだ温泉施設を応援しようと企画した。出発日に市内の観光施設を一箇所立ち寄ると、宿泊代から一泊当たり一人五千円割引きされる。

 対象の観光施設は古関裕而記念館、四季の里、旧堀切邸、市観光案内所。

 期間は十日から二月二十九日まで。各日、事前に申し込んだ十五人限定。大人二人から予約できる。最長三泊までで、一人当たり最高で一万五千円の割り引きとなる。

(No.6 投稿者 Anonymous さん : 2020年01月11日)

半年前の2019年6月にオープンした新地駅前のホテルグラードと併設の日帰り温泉つるしの湯
https://www.hotelgradoshinchi.com/tsurushinoyu

仙台からのアクセスも良いのでぜひ。

(No.7 投稿者 田中幹生 さん : 2019年12月30日)

飯坂温泉街に「大型駐車場」オープン

 ふくしま未来研究会は20日、福島市飯坂町字釜場に大型の時間貸し駐車場「飯坂赤川橋パーキング」をオープンする。

 飯坂温泉街の交通の利便性向上とさらなる活性化につなげようと整備を進めてきた。総駐車台数は157台(うち月決め19台)で、料金は1時間100円、24時間最大500円。年中無休24時間営業。

(No.8 投稿者 Anonymous さん : 2019年07月22日)

福島土湯温泉「こけし湯」が閉館

 福島市土湯温泉「サンスカイつちゆ」(福島市土湯温泉町赤坂)が3月31日、閉館した。市の施設だった同温泉は老朽化が進み、昨年9月に閉館が発表された。

https://fukushima.keizai.biz/headline/26/

(No.9 投稿者 Anonymous さん : 2019年04月04日)

エビの釣り堀温泉街に常設「土湯の新名物に」

 福島市土湯温泉町でバイナリー発電に取り組む株式会社「元気アップつちゆ」は21日、土湯温泉街入り口付近の空き店舗に「つちゆ湯愛(ゆめ)エビ常設釣り堀」をオープンした。発電で使った冷却水を活用して養殖したオニテナガエビの釣りが体験できる。

 釣ったオニテナガエビは、その場で焼いて食べられる。持ち帰って飼育することもできる。初日から親子連れが訪れて楽しんだ。

(No.10 投稿者 Anonymous さん : 2018年04月22日)

page: 1  2

コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help






(C) 東北の旅ログ