投稿へ 戻る

永澤農園・さくらんぼ狩り(村山市)

/ グルメ
  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)


コメント :投稿数 (3)

サクランボ収穫手伝って 宿泊費等は農家負担

 山形県村山市は、サクランボの収穫、出荷の最盛期を迎える6~7月に、人手不足に悩む農家の助っ人となる「さくらんぼサポーター」を募集している。
 サポーターは2泊3日か4泊5日の日程で、市が指定する農家で収穫や箱詰めを手伝う。無報酬だが、宿泊費と食事代は農家が負担。同市の温泉施設「クアハウス碁点」に宿泊する。
 例年、宮城県からの参加者が多く、昨年は77人中65人を占めた。リピーターは約4割で、年代別では60代の参加が目立つ。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年05月16日)

ことしのサクランボ「やや多い」 収穫ピークは6月23~24日ごろ

 今シーズンの県産サクランボの収穫量について「県さくらんぼ作柄調査委員会」(委員長・阿部清県農林水産部技術戦略監)は28日、平年収穫量(1万3025トン)に対し「やや多い」との予測を発表した。1万4300トン程度を見込み、主力品種「佐藤錦」の収穫期のピークは平年より3~4日早く、昨年より7日程度早い6月23~24日ごろの見通し。

(投稿者 Anonymous さん : 2014年05月29日)

県内周遊でお得な「さくらんぼパスポート」

 県内の果樹園や観光施設で提示すると独自の優待やサービスを受けられる「さくらんぼパスポート2014」が発行された。協賛店・施設でスタンプを集めると航空券や旅館宿泊券が当たる抽選に応募できる。初めて発行した昨年より協賛店数、有効期間ともに拡大している。

 昨年は600店・施設が協賛したが、今年は約700店・施設となっている。有効期間は4月26日~9月15日で、昨年(5月31日~7月7日)に比べて一段と広がった。

(投稿者 Anonymous さん : 2014年05月09日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。(urlはそのまま貼り付けてください。タグ化する必要はありません。)




トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ